CERCA TROVA アンギアリの戦い

広島県立美術館で開催されている「アンギアリの戦い」
先日、観に行ってきました
広島県立美術館は「フィリッポ・リッピ展」以来です
フィリッポ・リッピは、かのボッティチェリの師匠です
美術館、中庭には緑いっぱいで
素敵な美術館です
いい作品がどんどん、展示されればいいなぁ

anngiari1.jpg


まだ、その姿を現さぬレオナルドダビンチの壁画「アンギアリの戦い」
バジルがその存在を知ったのは、10年近く前でしょうか・・・
テレビで緊急特番が放映されたんです
2012年6月のブログにその記事を綴ってます
今回は、そのブログ記事からの抜粋です!!


ルネサンス発祥の地フィレンツェ 
天才たちが持てる限りの力を発揮し輝いた街
そしてpalazzo vecchio(ヴェッキオ宮殿)
500人広間に巨匠の壁画が描かれているらしい・・・
調査を始めたのは30年前
きっかけはCERCA TROVAという文字の発見
描かれてるのはレオナルド・ダビンチ作「アンギアリの戦い」
2007年イタリア文化庁がほぼ間違いなく
壁画が実在すると発表

これぞ本物のダヴィンチコードです
ヴァザーリの壁画にCERCA TROVAの暗号を発見
CERCA TROVAチルカトローバとは、探せ・・・さらば見つからん
(探せ、さすれば見つかる)

firenzie15.jpg


では何故公開しないのか・・・
実は壁画の上にヴァザーリの絵が描かれているのです
調査の指揮をとっているセラチーニ博士の推測はこうです

メディチ家のコジモ一世、絵が気に入らなかったのか
ヴァザーリに塗りつぶすように改修を命じました
ところがヴァザーリはダヴィンチの崇拝者!!
そこで伝説の壁画を塗りつぶすのではなく
レンガ一枚の壁を作りその上に自分の絵を描き
壁画を覆い隠した。
その位置を後世に伝えるため、いつか発見される事を願い
暗号のCERCA TROVAを書き残した・・・探せ さらば見つからん
することがニクイね~

ルーベンスやラファエロが、この絵を模写している
というのも、絵が実在してる証拠

近年このような手紙が見つかったそうです
壁画が描かれた44年後、フィレンツェ画商が友人に宛てた
「フィレンツェに着いたら、何より500人広間に行くといい
そこには巨匠ダビンチの傑作、騎馬の戦いが
飛び込んでくるから」
なんとまぁ素晴らしいじゃありませんか

そして、今回もう一つの作品が目に留まりました!!

カッシーナの戦い
anngiari2.jpg
フィレンツェがピサに対して勝利を収めた戦い
もちろんミケランジェロが描いた絵ではありません
イタリアの画家がミケランジェロの下絵を模写して描かれた作品です
ミケランジェロ自身が描いたものならとんでもないことになります(笑)
まず、広島には・・・というより日本には来ないでしょう
ミケランジェロは彫刻家としての誇りを持ってましたから
絵は、あまり残されてないようです
本物がご覧になりたい方は是非ウフィツィイ美術館へ

そうそう、この絵一目見て、すぐ・・あっミケランジェロじゃ!!とわかりました
彫刻家の彼の絵は、すごく特徴があるんです
裸体で肉体のエネルギーが伝わるとでも言いましょうか・・・
ローマ、バチカンのシスティーナ礼拝堂の大傑作、
天井画をご覧になった方ならわかると思います

他にも君主論を書いたマキアヴェリや
チェーザレボルチアの肖像画もありましたよ

もし壁画が発見されたら今世紀最大の発見です!!
なんといっても巨匠ダビンチの「アンギアリの戦い」ですからね
CERCA TROVA・・・きっとヴァザーリが早く見つけろ!!
と、言っているような気がしてなりません

CERCA TROVA 探せ、さらば見つからん
スポンサーサイト

    ガウディが泣いてます

バルセロナのテロ事件から明日で一週間
イタリア好きのバジルですがバルセロナは大好きな街です
去年、3度目のバルセロナへ・・・
澄み切った青空・・・
きれいに区画整理された街並み・・・
誰もが、こんな素敵な街をテロリストに襲撃されると
夢にも思ってませんでした
ガウディをはじめピカソ、ミロなど天才芸術家を輩出した街バルセロナ
きっと彼らは悲しみに暮れ涙を流してることでしょう・・・
二度と痛ましい事件が起こりませんよう
犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます



サクラダファミリアの上から見たバルセロナの街並み
bal25_4_2.jpg
去年撮影した時は、こんなに平和だったのに・・・
ガウディが泣いてます


    ラッキーなスペイン人

祇園を散策中、向こうから外人さんがこちらに向かって来て
私たち3人に向かってペラペラ~と、尋ねごと!
んん・・・スペイン語じゃん
何と、スペイン人ご夫妻、あなたたちはラッキーよ
だってUシェフはスペインに長くいたからスペイン語ペラペラ
英語を話せる人は、ごまんといますが
スペイン語を話す日本人は、そういるもんじゃない!!

こんなことに遭遇・・めったあることじゃないわ~(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
rerumita29_1.jpg


先日、UシェフとYちゃんに、お誘いいただき京都へ・・・
また近日にアップしますね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    iphone case お気に入り!!

ガラ系からiphoneに変えて1ヶ月ちょっと・・・
相変わらずタッチパネルに四苦八苦しながら
何とか、操作が解ってきました
便利な機能もいっぱいあるし・・・
何よりケースが自分好みに着せ替えできるのが
嬉しいですね~~
ネットでかわいいケース見つけてo(^▽^)o赤のリボン付き

がぁ・・・何んと、神戸のセレブな、この方お知り合いの
カルトナージュのkeiko先生の作品をインスタで見つけて目が
一目ぼれですわ~~
既成のものとは比べ物にならぬほどカワ(・∀・)イイ!!~~
お忙しいKeiko先生に拝み倒して作って頂きました~~

シャンパンシルバーで、お願いしました
ip1.jpg



中はゴールド
ip2.jpg

光物が大好きなバジルです
超お気に入りのケース

keiko先生、大切に使いますね~~

    ルネサンスシリーズ 受胎告知

Gウイークには海外へ行かれる方も多いことと思います
特にイタリア、フィレンツェに行かれる方
フィレンツェには素晴らしい美術品が数多くあります
花の都フィレンツェは多くの天才たちが活躍した街でもあります
フィレンツェ近郊で生まれたミケランジェロ
同じくフィレンツェ県ヴィンチ村に生まれたレオナルド・ダ・ビンチ
ダビンチは姓ではありません
ヴィンチ村のレオナルド、という意味です

マンジャーレ(食べる)やショッピングだけで終わるのは
あまりにも、もったいない!!
是非、大天才たちの作品をご覧になってください

今回は受胎告知についてちょこっとだけ
宗教画・・・・興味ない、めんどくさい
ですよね、、、、
でも見方を変えれば、少しは興味がわくはずです

レオナルドダヴィンチ作 受胎告知
ダビンチ1
フィレンツェ、ウフィツィイ美術館所蔵

受胎告知は天使ガブリエルが処女マリアに
受胎を告げるシーンを描いたもので多くの画家の
題材になってます
受胎告知には決まりごとがあって登場するのは
天使ガブリエリ、処女マリア・・・
そして、百合の花
百合の花は純潔を表します
さらには、百合の花には雄蕊のないもの、、、です
純潔ですからね、雄は近寄ってはだめよ~ん

がぁ・・・ダ・ヴィンチの描いた百合の花には雄蕊が・・・
              

       ↓
よ~く見ると
ダビンチ2
どうなっとるんじゃい!!
またしてもダ・ヴィンチの仕掛けか・・・
う~んダ・ビンチコードじゃね(笑)

さて、バジルの一番好きな受胎告知は

フラ・アンジェリコ  フィレンツェ、サンマルコ修道院の壁画
fura.jpg

有名な絵です、こちらのレプリカ
大塚美術館で見ることができます!!

純潔のままで身ごもったという・・・なんと不思議な受胎告知!!

さぁルネサンスの天才たちの傑作、とくとご覧あれp(*^-^*)q

※画像は全てインターネットからお借りしました