今年のおせちは京天神野口

みなさま、お正月はいかがお過ごしでしたか
国内旅行や海外へ行かれた方も多い事と思います
バジルは毎年、家でおせちを・・・
今年は京都の京天神野口さんにお願いしました
一段ですが、美味しいものギッシリ詰まってました


oseti2.jpg




oseti30_1.jpg

何をたべても美味しいおせち料理でした



ボーイフレンドから頂いたワインと生酒
oseti4.jpg
こちらも、もうからっぽ
美味しかったわ~~(((o(*゚▽゚*)o)))
新政6って初めて飲んだけど・・・めっちゃイケルわ!!
なんでも東大卒の蔵元さんとか・・・すごっ

今年も美味しいものいっぱい紹介させて頂きますね~~
スポンサーサイト

    Buon Anno Nuovo


Buon Anno Nuovo(新年おめでとうございます)

今年はアルパチーノとアンディガルシアで
新年を迎えたいと思います


goddo1.jpg



Teatro Massimo マッシモ劇場 イタリア シチリア島
goddo2.jpg
マッシモ劇場は名前の通り(マッシモはマックス)大きい
ウイーン国立歌劇場、パリのオペラ座に次ぎ
世界で3番目の規模をもつオペラハウス
どうしても、この階段を見たくて~~(((o(*゚▽゚*)o)))
初夏に目指すはSicilia

ちなみに世界一といわれるオーケストラを持ち
小澤征爾さんも音楽監督をなさってた
ウイーン国立歌劇場は世界最高峰のオペラハウスです



ゴッドファーザー何度も観てるけど
お正月はパートⅢ今一度、じっくりと


拙いブログですが今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

    どうぞよいお年をお迎えください

2017年も残りわずか・・・今年最後の更新です

みなさまいつも『バジルのHo mangiato bene』を
ご覧いただきありがとうございます
ブログを始めて7年が過ぎました
この間、色々な方と出会い親交を深めることができ
たいへん嬉しく思います
今年に入ってインスタを始めたもんだからブログ更新が(。-_-。)
写真もたまったままに・・・
来年はブログを♪───O(≧∇≦)O────♪
美味しいお店、併せてルネサンス芸術をご紹介できればと


今年は親方様の20周年パーティに招いていただきました


ルネサンスの巨匠ミケランジェロもビックリ!!

深夜的中華食堂主人作
nenmatu29_2.jpg
むろか美術館所蔵


秋には・・・輪島のボーイフレンドと食堂おがわへ
nenmatu29_3.jpg




久しぶりにお会いできて・・・
nenmatu29_1.jpg
話は尽きず、あっという間にシンデレラタイム
なんと、車で日帰りという弾丸トラベラーの村井シェフ
来年はMAKIちゃんファミリーとシェフのスーパーパスタ
食べに行きますね~


ちょっと昔を懐かしんで・・・

シェフも親方様も若い~~(((o(*゚▽゚*)o)))
むろか23_11_2_1_1
そんな時代もあったねと・・・♪♫


みなさまにとって2018年が素晴らしい年になりますように
どうぞよいお年をお迎えください

    Buon Natale

Buon Natale(メリーXmas)

今年のイブはミケランジェロで飾りましょう


聖家族 ミケランジェロ
seikazoku.jpg
とってもミケランジェロらしい絵です、
筋肉モリモリで彫刻家が描いた絵って感じがしますね
フィレンツェ ウフィツィ美術館所蔵
インスタは逆に柔らかな感じのビーナスの誕生を載せてます

ミケランジェロの数少ない絵画
彫刻家として誇りを持っていたミケランジェロは
ほとんど絵画を残していません
ヴァチカン、システィーナ礼拝堂に天井画を描くよう
ユリウス二世から命じられて時も何度も断ったそうです
彫刻家を自負するミケランジェロは色彩のことは
わからない・・・ラファエロの方が適任では・・・

色の事はわからんけぇラファエロに頼みんさいや!!
と、こんな感じじゃったんじゃろうね(笑)

しかし出来上がった天井画は、とてつもなく素晴らしいものでした
ローマに行って実際にご覧になった方も数多いと思います
その素晴らしさは言葉では言い尽くせません
是非、イタリアへ行かれる機会があればご覧になってください
もし、行く機会がない・・・そんな方には
徳島の大塚美術館にレプリカがあります
本物には勝てませんが、かなりのものらしいです
他にもパドヴァのスクロベーニ礼拝堂でジョットが描いた
天井画のレプリカもあるようです
バジルは、もちろん本物鑑賞しましたよっ!!

みなさま、どうぞ素敵なイブをお過ごしくださいね

    CERCA TROVA アンギアリの戦い

広島県立美術館で開催されている「アンギアリの戦い」
先日、観に行ってきました
広島県立美術館は「フィリッポ・リッピ展」以来です
フィリッポ・リッピは、かのボッティチェリの師匠です
美術館、中庭には緑いっぱいで
素敵な美術館です
いい作品がどんどん、展示されればいいなぁ

anngiari1.jpg


まだ、その姿を現さぬレオナルドダビンチの壁画「アンギアリの戦い」
バジルがその存在を知ったのは、10年近く前でしょうか・・・
テレビで緊急特番が放映されたんです
2012年6月のブログにその記事を綴ってます
今回は、そのブログ記事からの抜粋です!!


ルネサンス発祥の地フィレンツェ 
天才たちが持てる限りの力を発揮し輝いた街
そしてpalazzo vecchio(ヴェッキオ宮殿)
500人広間に巨匠の壁画が描かれているらしい・・・
調査を始めたのは30年前
きっかけはCERCA TROVAという文字の発見
描かれてるのはレオナルド・ダビンチ作「アンギアリの戦い」
2007年イタリア文化庁がほぼ間違いなく
壁画が実在すると発表

これぞ本物のダヴィンチコードです
ヴァザーリの壁画にCERCA TROVAの暗号を発見
CERCA TROVAチルカトローバとは、探せ・・・さらば見つからん
(探せ、さすれば見つかる)

firenzie15.jpg


では何故公開しないのか・・・
実は壁画の上にヴァザーリの絵が描かれているのです
調査の指揮をとっているセラチーニ博士の推測はこうです

メディチ家のコジモ一世、絵が気に入らなかったのか
ヴァザーリに塗りつぶすように改修を命じました
ところがヴァザーリはダヴィンチの崇拝者!!
そこで伝説の壁画を塗りつぶすのではなく
レンガ一枚の壁を作りその上に自分の絵を描き
壁画を覆い隠した。
その位置を後世に伝えるため、いつか発見される事を願い
暗号のCERCA TROVAを書き残した・・・探せ さらば見つからん
することがニクイね~

ルーベンスやラファエロが、この絵を模写している
というのも、絵が実在してる証拠

近年このような手紙が見つかったそうです
壁画が描かれた44年後、フィレンツェ画商が友人に宛てた
「フィレンツェに着いたら、何より500人広間に行くといい
そこには巨匠ダビンチの傑作、騎馬の戦いが
飛び込んでくるから」
なんとまぁ素晴らしいじゃありませんか

そして、今回もう一つの作品が目に留まりました!!

カッシーナの戦い
anngiari2.jpg
フィレンツェがピサに対して勝利を収めた戦い
もちろんミケランジェロが描いた絵ではありません
イタリアの画家がミケランジェロの下絵を模写して描かれた作品です
ミケランジェロ自身が描いたものならとんでもないことになります(笑)
まず、広島には・・・というより日本には来ないでしょう
ミケランジェロは彫刻家としての誇りを持ってましたから
絵は、あまり残されてないようです
本物がご覧になりたい方は是非ウフィツィイ美術館へ

そうそう、この絵一目見て、すぐ・・あっミケランジェロじゃ!!とわかりました
彫刻家の彼の絵は、すごく特徴があるんです
裸体で肉体のエネルギーが伝わるとでも言いましょうか・・・
ローマ、バチカンのシスティーナ礼拝堂の大傑作、
天井画をご覧になった方ならわかると思います

他にも君主論を書いたマキアヴェリや
チェーザレボルチアの肖像画もありましたよ

もし壁画が発見されたら今世紀最大の発見です!!
なんといっても巨匠ダビンチの「アンギアリの戦い」ですからね
CERCA TROVA・・・きっとヴァザーリが早く見つけろ!!
と、言っているような気がしてなりません

CERCA TROVA 探せ、さらば見つからん