EPUREでヒート

お店の名前・・・
EPUREエピュレさん、まだなんとなくルココさん
のイメージが霞んでます
こちらのお店・・・バジルのブログを振り返ったら
湯島121という店名でした
そして、親方様の店むろか・・・
親方様の苗字なんだそうです!シニョールMUROKAビックリじゃわ
今はすぐ出るけど、レルミタさん・・・最初は
え~っと何じゃったかいね・・・なかなか覚えられませんでした

そういえば、昔行ってたオナベBARそちらの店、結構広島の有名な
会社やホスピタルの奥様が一人でよく来られてたわ
一人でよ!!
店のオナベAさんはその昔、六本木で店をされてたやり手!!
その、奥様方を呼ぶとき絶対、苗字では呼ばなかったわね
名前よ、名前で読んでたわ
名字で呼ばれると、まずいことあるんじゃない~~
余り素性を明かしたくないみたい
さすが元六本木オナベAさん、そのあたりは弁えてらっしゃる(笑)
お遊びは、ほどほどに火傷せんようにね

時々、バジルさん・・何でバジルさんなん?と聞かれます
深い意味はなく、ただバジルの香りが好きだという
単純なきっかけですっ!!
でも、何となく気に入ってます(^_-)-☆
本名も変えようかね〇〇バジルに(笑)

さて、定期的に集まる楽しい仲間とディナーへ
久々のR&R夫妻も!


epure30_1_1.jpg



白いコーディネート素敵
epure30_1_2.jpg



アミューズ
epure30_1_3.jpg




epure30_1_4.jpg



サーモンの・・・
epure30_1_5.jpg




epure30_1_6.jpg



穴子の料理
epure30_1_7.jpg




epure30_1_8.jpg



お友達は仔牛
epure30_1_9.jpg


これはよく覚えてます
オコゼですが、でぶいオコちゃん
epure30_1_11.jpg
ご懐妊ではありません、お腹に肝のムースが詰めてあるんです
すんげい美味しかった




デザート
epure30_1_10.jpg

今回は久々の集まりでヒート!
料理名おぼえてません
R先生、テンション上がる上がる(^∇^)
もちろん、めったに行かない二次会もレッツゴー
EPUREさん、とっても美味しかったです
ごちそうさまでした(^∇^)ノ
スポンサーサイト

    生まれ変わったASADAフレンチ EPURE

11月吉日ルココ改めEPUREがオープン致しました
ずーっと心待ちにしていた浅田フレンチ
ランスのLes Crayeresで一年間の修業を終えて
広島に戻ってこられました
浅田シェフがお留守の間、パートナーのKさんと
何度かお食事に行って色々お話を伺ってました
ランスのLes Crayeresへは10数年前に一度行きました
とても素敵なホテルで、こちらのレストランは
ミシュラン2つ星です

オープンの日に伺いたかったのですが
お江戸へ行く前日でしたし・・・
多くの浅田ファンが訪問されると思い
少し落ち着いたころにと・・・伺いました」


おめでとうございます
epure29_12_1.jpg
少しスマートになられたかなぁ・・・


アミューズ
カナッペ サーディンのタルトレット 鶏のリエット
epure29_12_2.jpg



貝柱のカクテル
epure29_12_3.jpg



え・・と
epure29_12_4.jpg



ええ・・っと
epure29_12_5.jpg



穴子のお料理
epure29_12_6.jpg



鯛 シャンパーニュソース
epure29_12_7.jpg



マグロのグリル
epure29_12_10.jpg



他の方は蝦夷鹿
epure29_12_8.jpg



デザートのリンゴのアイス
epure29_12_9.jpg

久しぶりの浅田シェフのお料理は、やっぱり美味しかった!!
フランス色が濃くなってるんじゃ・・・っと
思ってましたが、さすが浅田シェフ
重くなく、とてもいただきやすいフレンチ
かといって、今流行りの前衛的なお料理でもなく
まさにASADAフレンチですね~

これからの益々のEPUREの、ご繁栄を陰ながら祈っています

ごちそうさまでした

    烏賊のカルボナーラに感激!レザンバサドール

フランス、シャンパーニュ地方ランスのこちらで一年間の修業を終えられ
今月15日にお店をオープンされる浅田シェフ
店名もルココからEPUREエピュレと改め
身を引き締めて頑張りますと、おっしゃってました
予約は明日から受け付けられるそうです
お店のホームページすっごく素敵ですEPURE
バジルも一段落つかれたころ伺ってみようと思います


さて、こちら初訪問のレザンバサドールさん
美味しくて居心地のいいNiceなお店でした

アミューズの牡蛎のフリット
rezan29_10_1.jpg



大トロとウニ
rezan29_10_2.jpg
大トロはとろけるようでした
なんでも、お鮨の稲穂さんとコラボされたときの大トロだそうで
食べたい方は事前に連絡を・・・
たまたま初訪問することを伝えたSさんがシェフと親しくて
お口添えしてくださって・・・Grazie



バジルはパスタ大好きですが食べないパスタがあります
カルボナーラ!!
生卵がダメなんです
親方さまのインスタに絶品カルボナーラ!!と
出てるではありませんか
まさか出るんじゃろか・・・私ダメなんじゃけど
まぁ誰かが食べてくれるじゃろ~(^_-)-☆


やっぱり出た!!
烏賊のカルボナーラ
rezan29_10_3.jpg
料理を運んでくださった、とても美しい方、奥様??に
ごめんなさい、生卵ダメなんですよ~と伝えると
大丈夫ですよ温泉卵です、とおっしゃったので一口パクッ!!
なんと、美味しい~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
全然むつっこくない~~
さすが親方さまの一押しメニュー



そして、ここで中土シェフ登場!!
セロファンに包まれた・・・
rezan29_10_4.jpg



鱧と松茸、セロファン包み蒸し焼き
大好きな銀杏も・・・またまたSさんが銀杏寄付してくれちゃった(笑)
rezan29_10_5.jpg


このあたりから、酔いが回って記憶喪失(;д;)

魚料理・・・
rezan29_10_6.jpg



オマールエビ
rezan29_10_7.jpg



たしか、穴子だったかなぁ
rezan29_10_8.jpg



火入れに拘った鴨は抜群の美味しさ!!
rezan29_10_9.jpg



デザートは栗のアイス
rezan29_10_10.jpg

美味しかった~~(((o(*゚▽゚*)o)))
もっと早く来ればよかったなぁ
親方様もレルミタさんも美味しいと言っていた中土シェフの料理
是非再訪しようと思います
シェフと京都の話もしたいしね、よく行かれるんだそうです!!

ここんとこフレンチ続き・・・
この翌週も初訪問のフレンチ
そして、浅田シェフが近くオープンされるエピュレ
ライバル多し!!
でも、いい意味での対抗意識燃やしていただきたいです
敵がいなきゃ意欲も湧きません
自分の料理が一番じゃ!!って自信と誇りに満ちた
料理人に是非なっていただきたいです
都会は超が付く予約困難店多し
広島もわざわざ県外から食べにくる・・・
そんな店が欲しいなぁ~~
あっ、今月は超予約困難で一世風靡した方と
超予約困難な店でおデートします
楽しみじゃわ~~


    イタリアンの名残がgood TAILLA

ついに来たかぁ~~
この間、風呂上がりのじいちゃんに
水羊羹食べる?
(じい)食べる・・・
冷蔵庫に入っとるよ~
(じい)うん、・・・ありゃせんよ!
あるよ、夕方冷蔵庫に入れたばっかりじゃけぇ
(じい)ほいでも無いもんは無い!!
え~ほいじゃ食べたん?
(じい)わしゃ~食べゃーせんよ!!
おかしいねぇ・・・と、ごみ箱に水羊羹のカップが・・・
食べとるわあ・・・・いやじゃ~認知かしら
ついに来たわ~~。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、認知じいさまの話はさておいて
先日、R&RカップルとO夫妻、そしてSさんと
久々のタイラさん

taila29_6_10.jpg



さぁ乾杯しょ~
taila29_6_1.jpg



天然ヒラメとホタテのテリーヌのせ
taila29_6_2.jpg
こんな感じのアミューズって大好き!!


新玉ねぎのババロア 沖あさりと
taila29_6_5.jpg




角あごとフルーツトマトのマリネ自家製カラスミのせ
taila29_6_3.jpg



オランダ産ホワイトアスパラのブレゼとパルマ産生ハム
taila29_6_4.jpg
旬のホワイトアスパラにイタリアはパルマの生ハム

パルマの生ハムっていったらブランドものです

ここで、いつもならパスタですが・・・

スープドポワゾンのリゾット
わぁ~イタリアンじゃ!!
taila29_6_6.jpg
メッチャ美味しい~~
シェフにフランス料理もリゾットってあるの?
って伺うと、あるんだそうです



そしてメインは魚orお肉
バジルはお魚をお願いしました


太刀魚のロール焦がしオニオンソース
taila29_6_7.jpg




グレートサザンビーフ フォアグラのせ
taila29_6_8.jpg


デザート ピスタッチオの・・・(´∀`*;)ゞ
taila29_6_9.jpg


あ~美味しかったタイラさんの、お料理は重くないから好き!!
そして、フレンチですがイタリアンの名残を|д゚)チラッとみせてくれるのもいいですね~
それもそのはず、シェフは以前イタリアンイにおられたから!!

R先生、また連れてきてくださいね~~

    江戸の〆はフレンチ  Florilege

ここんとこ更新が・・・|д゚)チラッ
妹分のチーちゃんに最近また、更新が遅い(喝)と
叱られましてね・・・・
チーちゃん、うちも忙しいんよ(。-_-。)

では、江戸〆といきましょう~~


まずは、名画から・・・といっても本物ではありませんがぁ
AYAちゃんが行きたいといってついていった東京ドームシティーの
TeNQテンキューに展示されてたのは・・・

何か見たことある絵じゃねぇ・・・オリジナルは見たことありませんが


夜のカフェテラス ゴッホ作
fro29_1_2.jpg
オリジナルはオランダの美術館にあります
あまりバジルの得意な分野ではないのですが・・・
素晴らしいと思います

世界の有名な美術館もいいですが、ヨーロッパには美術館以外にも
数多くの名画があります!!
みなさんよくご存じのクリムトは、あまりにも有名ですが・・・
かの有名な接吻は、ウイーンのヴェルベデーレ宮殿の中のギャラリーに
あるそうです、ヴェルベデーレ宮殿はハプスブルグ家に仕えた方が
離宮として造られたようですね・・・
ずいぶん昔ですが、絵の好きな友達がヴェルベデーレ宮殿に
大感動してました
お土産に頂いたタイルに描かれたクリムト
女性の顔のみですが、とっても素敵
大の、お気に入りです
ミュージアムショップも、とても素敵だそうです
ハプスブルグ家はオーストリアの名門中の名門
そう・・・フランス革命により断頭台で処刑された
マリーアントワネットの実家といえば、もうおわかりですね
近い将来、是非見に行ってこようと思います

しかし、バジルのキホンはルネサンスですっ!!

さて、江戸〆は予約困難なフレンチのフロリレージュ


店内は厨房を囲む大きなカウンター席
fro29_1_3.jpg


ランチタイムに行きましたが、せっかくなので
ディナーコースをいただきました

ソムリエおススメの泡
fro29_1_4.jpg

お料理はフレンチですが、限りなくモダンスパニッシュに近いですね


fro29_1_5.jpg




fro29_1_6.jpg




fro29_1_7.jpg




fro29_1_8.jpg




fro29_1_9.jpg




fro29_1_10.jpg




fro29_1_11.jpg




fro29_1_12.jpg




fro29_1_13.jpg




fro29_1_14.jpg




fro29_1_15.jpg




fro29_1_16.jpg




fro29_1_17.jpg




fro29_1_18.jpg

メニューがカウンターの上に置かれてましたが
友人との話に夢中で、説明をよく聞いてなかったせいか
写真を見ても、名前と合致せず・・・

投影さつま芋・  継続すべき味、鰯・  旨み、椎茸・ 
海のものと山のもの、フォアグラ・  サスティナビリティー牛
ヘテロ、牡蛎・  分かち合う・  旬、柿・  自家製チーズ
贈り物、アマゾンカカオ

こちらのシェフはカンテサンスにいらしたそうです
とても感じのいいイケメンシェフ
お料理も、重くなくランチタイムにディナコースも
全然、だいじょうぶでした~

最近のフレンチ、イタリアンもですが何故かモダンスパニッシュ似
やはりフェランアドリアの影響力はすごいのですね
しかし、10年近く前ですがパリのアストランスに行った時
お料理は、もっとフレンチだったと思います(現在は知りませんよ)
でもバジルはモダンスパニッシュ大好きですから!!

今回の江戸の一番は、文句なし・・・「鮨さいとう」でした
今度はいつ食べれるかしら~~