何て読むん・・・Le K2  ル・カドゥ

Le K2・・・ル・カドゥ
同じアルファベットでも
お国によって読み方違います
Le フランスはル・・ルココさんもそうですね
イタリアはそのままレ
Jose スペイン人の名前ですが
ホセと読みます・・・
イタリアではJは使わないのですが
読むとしたらジョセかなぁ・・・
イタリア語では使わないアルファベットあります
JKWXYは外来語を表記するときのみ使います
そしてHエイチはアッカといい発音しません
たとえばオステリアはHostariaと表記しますがHは読みません
そうそう、ピナコテカで腕を振るってた田村シェフの店
Osteria Tamuraオステリア タムラ
イタリア語表記するとHosteria Tamuraとなります
しかし、日本でイタリア語表記にすると
おそらくほとんどの方ホステリアと読むでしょう
だから日本のイタリアンの店はほとんどHをつけてません
そうだ、バジルのブログも「バジルのHo・・・」
ほとんどの方、バジルのホ、マンジャートベーネと読まれてますが
違いますよ~~「バジルのオ・マンジャートベーネ」ですっ!!
アッカ(H)読まんとってね~~

気になっていたお店Le K2へ先月半ばようやく行ってきました


hanawain_28_1.jpg

訪問の数日前、シェフからコースの組み立ての電話頂きました


豆乳と枝豆
hanawain_28_2.jpg




hanawain_28_3.jpg



初夏の夏野菜
hanawain_28_4.jpg



サーモンとビーツ
hanawain_28_5.jpg



真鯛とオマール海老 海藻
hanawain_28_6.jpg



アワビとトウモロコシ
hanawain_28_7.jpg



ショコラとブラッドオレンジ
hanawain_28_8.jpg



店名の由来を伺うと、シェフと久保田さん頭文字Kが二つということだそうです
hanawain_28_9.jpg

久保田さんとはここ   そしてここも
さらにはこちらへもご一緒させて頂きました
この日も、その時の思い出話しでいっぱい~~

ピナコテカ時代とは、お料理も雰囲気もガラリと変わってます
どうぞ、これからもシェフやソムリエさんとナイスチームワークで
頑張って下さいね~~
スポンサーサイト

    シャンパーニュ地方 ランス レクリエールより

Le cocoのシェフが修業の為フランスへ修業へ・・・
なかなかビザが下りず6月17日にランスに
到着されたそうです
先日、素敵な写真を送って下さいました
修業先はシャンパーニュ地方ランスのこちら
バジルは7,8年前に宿泊しました
ただ、一緒に行った友達は亡くなってしまいました
思い出すと涙が出るので・・・・

こちらのホテル、素晴らしいレストランがあり
当時は日本人が行くとス-シェフの馬田さんが
ワインのカーヴやレストランを案内してくださいました

そんな話をLe cocoのシェフと随分前にお話ししました
いつか行ってみたい、と話されてましたが
本当に行かれるとは・・・すごい



ほんとうに素敵なホテルでした
ポメリー家の別邸だったと聞きましたが・・
lansu.jpg
ただねぇ・・部屋に肖像画がいっぱいあって
見られてる感じがしましたが・・(笑)

広大な敷地にはミニゴルフ場もありました

こんな素敵なシャトーで修業されてるなんて・・・

一年後が楽しみですね

    パスタもあり RESTAURANT TAILLA

今日のトップニュースは
何といってもイギリスのEU離脱!!
何故・・・なんといっても難民問題じゃないかしら・・・
EU加盟国は難民の受け入れを拒否できないという
法律があるのでね・・・・
でも前から思っていたけどイギリスって
EU加盟国でありながら
ユーロ圏ではないっていうのもねぇ
以前読んだ記事に、
それって片足だけ突っ込んでる状態だ・・・って
書いてあったけど、その通りだわ~
この間ローマのMちゃんも言ってたわ
イタリアもすごい数の難民が
毎日のようにやってくるって・・・
ヨーロッパは地続きだからいろんな問題
抱えてるのよね・・・・

さて、こちらもヨーロッパのお料理です
久しぶりの「タイラ」さんはR&R夫妻とSさんと

以前はグレっていうBARでした
tailla28_6_1.jpg
グレの時代にはよく行ってました


アミューズ
tailla28_6_2.jpg



トウモロコシのお料理でしたが
これがメッチャ美味しい
tailla28_6_3.jpg
キャビアものってるよ~ん


Vino Rosso
tailla28_6_4.jpg



カルパッチョだったと・・・
tailla28_6_5.jpg



ホワイトアスパラとサマートリュフ
tailla28_6_6.jpg
旬のホワイトアスパラは立派!!


待ってましたのパスタはウニのパスタ
tailla28_6_7.jpg
タイラさんのパスタは、イタリアン並の美味しさ
それもそのはず、シェフは以前、井口のイタリアン
フレスコにいらしたんです

余談ですがfrescoフレスコってイタリア語で
新鮮な、生の、とか乾いてない・・
イタリアの教会に描かれているフレスコ画
塗りたての漆喰が乾かないうちに描いていく技法です
フレッシュな技法フレスコ画、ここからきてます


アマダイのグリル
tailla28_6_8.jpg
皮パリパリです~~


こちらは、お肉バージョンの方のメイン
tailla28_6_9.jpg



デザートはピスタッチオのアイス ガトーショコラ
tailla28_6_10.jpg

タイラさん、フレンチでありながらパスタもあり・・・
まさに地続きヨーロッパらしいお料理
EU加盟店なRESTAURANT TAILLAさん
お支払いは円でいいですかしら(笑)

ごちそうさまでした、また来ますね~

    いい日旅立ち  Le Coco

9日にラストを迎えられたルココさん
店をクローズすると、お電話頂いたときはビックリ!!
え~こんな美味しい店が・・・ショック
がぁ・・・一年間へ渡り修業されるそうです
修業先は・・・えっバジル行ったよ~
そうなんですよ、前にバジルさんからお話聞いてました・・とシェフ
え~一年後が楽しみ


泡飲もうや~
lecoco28_4_2.jpg



ルココファンのR&R夫妻とSさん 乾杯~~
lecoco28_4_1.jpg
一番来たかったMAKIちゃん・・・ご懐妊の為


アミューズ
lecoco28_4_3.jpg



筍のフラン 筍大好きなバジルには嬉しい料理です
lecoco28_4_4.jpg


もう一品の前菜・・・ホワイトアスパラを使った料理
写真失念

お肉は、たしかイベリコだったかなぁ・・・
lecoco28_4_5.jpg





魚系の料理はメバルのロースト
lecoco28_4_6.jpg



デザート
lecoco28_4_7.jpg

この日の料理も手の込んだものばかり

別れを惜しむお客さまで連日のルココ
お友達の体育教師Nちゃんも
お母様の誕生日にと、最後のルココを楽しまれたそうで
先日メールが来て、ロウソクと共に
出てきたデザート・・・ハッピーバスデーを
他のお客様も一緒に歌って下さり
八十を超えたお母様、大感激されたそうです~~

シェフお元気で、お身体大切に修業に励んでくださいね
これぞ正しくInbocca al rupo(イタ語で、挑戦に挑む時の頑張って)
お帰り待ってます~

あ~あ日本のどこかにLe Cocoを待ってる人がいる♪
いい日旅立ち~



   移転されたLapinへ andiamo

移転されたLapinさん
以前の店とはガラリと変わり、とってもお洒落で都会的
銀山町にあった頃は・・・
えっ!!こんなとこにフレンチの店が・・・・
隠れ家的な存在でしたが・・・
でも、美味しさは変わりなくBuonissimoでした(^-^)/


キッチンも広々 スタッフの方も増えてました
lapin28_3_1.jpg


すんません、ナイフ&フォークください~
席の前の引き出しに入ってますよ~

あっ、ほんとだ
lapin28_3_2.jpg
目の前の引き出しにカトラリーが入ってました

この日は、リニューアルオープン期間中の
特別コースを、勧められましたがバジルは
こちらの前菜盛り合わせが大好き
じゃあコースと前菜盛り合わせください!!

まず前菜のキシュ
lapin28_3_3.jpg



待ってました、前菜の盛り合わせ
lapin28_3_4.jpg



レアなサーモンが美味しかった
lapin28_3_5.jpg



パンもbuono
lapin28_3_6.jpg



カリフラワーのスープ
lapin28_3_7.jpg



お魚料理は・・・たしか鯛
lapin28_3_8.jpg

続いてお肉・・・画像ナッシング

この後、一緒に行ったMIEさんに
ねぇパスタ食べようや~~
私、もうお腹いっぱい・・・・
えっ、もうお腹いっぱいになったん??
パスタ食べたい~~でも我慢しょ!!

てなことで、Lapinでのディナー大満足でした
個室が出来たから、今度行ってみましょ

腹八分のまま二次会へ

スイカのカクテル
lapin28_3_9.jpg

フーケさん、お久どす
スイカのカクテルもうあるのか・・・
京都出身のマスターとは、いつも京都のバー話
この日も、ロッキングチェアーの坪倉さんの
素晴らしいカクテルの話・・・・

さぁ帰るぞ~~ああちょっと小腹がすいてきた
やっぱり食べとけばよかったボンゴレビアンコ