イタリアンの名残がgood TAILLA

ついに来たかぁ~~
この間、風呂上がりのじいちゃんに
水羊羹食べる?
(じい)食べる・・・
冷蔵庫に入っとるよ~
(じい)うん、・・・ありゃせんよ!
あるよ、夕方冷蔵庫に入れたばっかりじゃけぇ
(じい)ほいでも無いもんは無い!!
え~ほいじゃ食べたん?
(じい)わしゃ~食べゃーせんよ!!
おかしいねぇ・・・と、ごみ箱に水羊羹のカップが・・・
食べとるわあ・・・・いやじゃ~認知かしら
ついに来たわ~~。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、認知じいさまの話はさておいて
先日、R&RカップルとO夫妻、そしてSさんと
久々のタイラさん

taila29_6_10.jpg



さぁ乾杯しょ~
taila29_6_1.jpg



天然ヒラメとホタテのテリーヌのせ
taila29_6_2.jpg
こんな感じのアミューズって大好き!!


新玉ねぎのババロア 沖あさりと
taila29_6_5.jpg




角あごとフルーツトマトのマリネ自家製カラスミのせ
taila29_6_3.jpg



オランダ産ホワイトアスパラのブレゼとパルマ産生ハム
taila29_6_4.jpg
旬のホワイトアスパラにイタリアはパルマの生ハム

パルマの生ハムっていったらブランドものです

ここで、いつもならパスタですが・・・

スープドポワゾンのリゾット
わぁ~イタリアンじゃ!!
taila29_6_6.jpg
メッチャ美味しい~~
シェフにフランス料理もリゾットってあるの?
って伺うと、あるんだそうです



そしてメインは魚orお肉
バジルはお魚をお願いしました


太刀魚のロール焦がしオニオンソース
taila29_6_7.jpg




グレートサザンビーフ フォアグラのせ
taila29_6_8.jpg


デザート ピスタッチオの・・・(´∀`*;)ゞ
taila29_6_9.jpg


あ~美味しかったタイラさんの、お料理は重くないから好き!!
そして、フレンチですがイタリアンの名残を|д゚)チラッとみせてくれるのもいいですね~
それもそのはず、シェフは以前イタリアンイにおられたから!!

R先生、また連れてきてくださいね~~
スポンサーサイト

    何て読むん・・・Le K2  ル・カドゥ

Le K2・・・ル・カドゥ
同じアルファベットでも
お国によって読み方違います
Le フランスはル・・ルココさんもそうですね
イタリアはそのままレ
Jose スペイン人の名前ですが
ホセと読みます・・・
イタリアではJは使わないのですが
読むとしたらジョセかなぁ・・・
イタリア語では使わないアルファベットあります
JKWXYは外来語を表記するときのみ使います
そしてHエイチはアッカといい発音しません
たとえばオステリアはHostariaと表記しますがHは読みません
そうそう、ピナコテカで腕を振るってた田村シェフの店
Osteria Tamuraオステリア タムラ
イタリア語表記するとHosteria Tamuraとなります
しかし、日本でイタリア語表記にすると
おそらくほとんどの方ホステリアと読むでしょう
だから日本のイタリアンの店はほとんどHをつけてません
そうだ、バジルのブログも「バジルのHo・・・」
ほとんどの方、バジルのホ、マンジャートベーネと読まれてますが
違いますよ~~「バジルのオ・マンジャートベーネ」ですっ!!
アッカ(H)読まんとってね~~

気になっていたお店Le K2へ先月半ばようやく行ってきました


hanawain_28_1.jpg

訪問の数日前、シェフからコースの組み立ての電話頂きました


豆乳と枝豆
hanawain_28_2.jpg




hanawain_28_3.jpg



初夏の夏野菜
hanawain_28_4.jpg



サーモンとビーツ
hanawain_28_5.jpg



真鯛とオマール海老 海藻
hanawain_28_6.jpg



アワビとトウモロコシ
hanawain_28_7.jpg



ショコラとブラッドオレンジ
hanawain_28_8.jpg



店名の由来を伺うと、シェフと久保田さん頭文字Kが二つということだそうです
hanawain_28_9.jpg

久保田さんとはここ   そしてここも
さらにはこちらへもご一緒させて頂きました
この日も、その時の思い出話しでいっぱい~~

ピナコテカ時代とは、お料理も雰囲気もガラリと変わってます
どうぞ、これからもシェフやソムリエさんとナイスチームワークで
頑張って下さいね~~

    シャンパーニュ地方 ランス レクリエールより

Le cocoのシェフが修業の為フランスへ修業へ・・・
なかなかビザが下りず6月17日にランスに
到着されたそうです
先日、素敵な写真を送って下さいました
修業先はシャンパーニュ地方ランスのこちら
バジルは7,8年前に宿泊しました
ただ、一緒に行った友達は亡くなってしまいました
思い出すと涙が出るので・・・・

こちらのホテル、素晴らしいレストランがあり
当時は日本人が行くとス-シェフの馬田さんが
ワインのカーヴやレストランを案内してくださいました

そんな話をLe cocoのシェフと随分前にお話ししました
いつか行ってみたい、と話されてましたが
本当に行かれるとは・・・すごい



ほんとうに素敵なホテルでした
ポメリー家の別邸だったと聞きましたが・・
lansu.jpg
ただねぇ・・部屋に肖像画がいっぱいあって
見られてる感じがしましたが・・(笑)

広大な敷地にはミニゴルフ場もありました

こんな素敵なシャトーで修業されてるなんて・・・

一年後が楽しみですね

    パスタもあり RESTAURANT TAILLA

今日のトップニュースは
何といってもイギリスのEU離脱!!
何故・・・なんといっても難民問題じゃないかしら・・・
EU加盟国は難民の受け入れを拒否できないという
法律があるのでね・・・・
でも前から思っていたけどイギリスって
EU加盟国でありながら
ユーロ圏ではないっていうのもねぇ
以前読んだ記事に、
それって片足だけ突っ込んでる状態だ・・・って
書いてあったけど、その通りだわ~
この間ローマのMちゃんも言ってたわ
イタリアもすごい数の難民が
毎日のようにやってくるって・・・
ヨーロッパは地続きだからいろんな問題
抱えてるのよね・・・・

さて、こちらもヨーロッパのお料理です
久しぶりの「タイラ」さんはR&R夫妻とSさんと

以前はグレっていうBARでした
tailla28_6_1.jpg
グレの時代にはよく行ってました


アミューズ
tailla28_6_2.jpg



トウモロコシのお料理でしたが
これがメッチャ美味しい
tailla28_6_3.jpg
キャビアものってるよ~ん


Vino Rosso
tailla28_6_4.jpg



カルパッチョだったと・・・
tailla28_6_5.jpg



ホワイトアスパラとサマートリュフ
tailla28_6_6.jpg
旬のホワイトアスパラは立派!!


待ってましたのパスタはウニのパスタ
tailla28_6_7.jpg
タイラさんのパスタは、イタリアン並の美味しさ
それもそのはず、シェフは以前、井口のイタリアン
フレスコにいらしたんです

余談ですがfrescoフレスコってイタリア語で
新鮮な、生の、とか乾いてない・・
イタリアの教会に描かれているフレスコ画
塗りたての漆喰が乾かないうちに描いていく技法です
フレッシュな技法フレスコ画、ここからきてます


アマダイのグリル
tailla28_6_8.jpg
皮パリパリです~~


こちらは、お肉バージョンの方のメイン
tailla28_6_9.jpg



デザートはピスタッチオのアイス ガトーショコラ
tailla28_6_10.jpg

タイラさん、フレンチでありながらパスタもあり・・・
まさに地続きヨーロッパらしいお料理
EU加盟店なRESTAURANT TAILLAさん
お支払いは円でいいですかしら(笑)

ごちそうさまでした、また来ますね~

    いい日旅立ち  Le Coco

9日にラストを迎えられたルココさん
店をクローズすると、お電話頂いたときはビックリ!!
え~こんな美味しい店が・・・ショック
がぁ・・・一年間へ渡り修業されるそうです
修業先は・・・えっバジル行ったよ~
そうなんですよ、前にバジルさんからお話聞いてました・・とシェフ
え~一年後が楽しみ


泡飲もうや~
lecoco28_4_2.jpg



ルココファンのR&R夫妻とSさん 乾杯~~
lecoco28_4_1.jpg
一番来たかったMAKIちゃん・・・ご懐妊の為


アミューズ
lecoco28_4_3.jpg



筍のフラン 筍大好きなバジルには嬉しい料理です
lecoco28_4_4.jpg


もう一品の前菜・・・ホワイトアスパラを使った料理
写真失念

お肉は、たしかイベリコだったかなぁ・・・
lecoco28_4_5.jpg





魚系の料理はメバルのロースト
lecoco28_4_6.jpg



デザート
lecoco28_4_7.jpg

この日の料理も手の込んだものばかり

別れを惜しむお客さまで連日のルココ
お友達の体育教師Nちゃんも
お母様の誕生日にと、最後のルココを楽しまれたそうで
先日メールが来て、ロウソクと共に
出てきたデザート・・・ハッピーバスデーを
他のお客様も一緒に歌って下さり
八十を超えたお母様、大感激されたそうです~~

シェフお元気で、お身体大切に修業に励んでくださいね
これぞ正しくInbocca al rupo(イタ語で、挑戦に挑む時の頑張って)
お帰り待ってます~

あ~あ日本のどこかにLe Cocoを待ってる人がいる♪
いい日旅立ち~