また逢う日まで にし屋別荘~江戸

黒部で疲れたのか朝まで爆睡
目覚めに一風呂浴びてこよう~

風呂上がりの一杯はおいしいねぇ
シャンパンじゃありません、リンゴジュースですっ!
miccame_1.jpg

この日の朝食は洋食

根菜のトマト煮
miccame_2.jpg



サクサクのトーストに自家製ジャム
miccame_3.jpg



目玉焼き ソーセージ 野菜
miccame_4.jpg



極小サイズのポテトコロッケ
miccame_5.jpg



近くの農家の野菜サラダ
miccame_6.jpg



ヨーグルト
miccame_7.jpg



お世話になりました
miccame_8.jpg

二泊三日の滞在も、あっという間・・・
お二人に会えてよかった
博学のお二人からは学ぶこといっぱいでした
また是非、泊りに来ますね~~
いやいや、是非広島にも来てくださいね~
Ci vediamo
また逢う日まで、逢える時まで懐かしい歌じゃなぁ~

こちら「にし屋別荘」さんは、こじんまりとした隠れ家的なお宿
吉永小百合さんも、お気に入りだとか・・・
あっ、歌、ドラマに大活躍の超有名人KTさんも
お泊りになったそうです
お料理のみならず、林田さん吉田さんの素晴らしいもてなしの心
さらにはリーズナブル(^o^)丿
バジル一押しの、お宿です

さあ、これから新幹線で東京へ移動です
その前に、信州そば食べまひょ~


松本駅で、なにげに入った蕎麦屋さん
大当たりでした

とろろ蕎麦
ede_1.jpg



バジルはシンプルに、ざる
ede_2.jpg
めちゃくちゃアルデンテでBuonissimo!!


きのこ蕎麦
ede_3.jpg

さあ腹ごしらえもしたし、江戸参るぞ~~

あっ、二階建ての新幹線じゃ
ede_4.jpg
新潟行きの上越新幹線です


東京でも、素晴らしいお料理いただきました
スポンサーサイト

    二日目の夕食 にし屋別荘

アルペンルートから帰って・・・くたくた
ゆっくりと温泉に浸かった後は、待ち遠しい夕食


今回はテーブルの部屋
futikame_3.jpg



端午の節句の設え
futikame_1.jpg



風情があるねぇ~
futikame_2.jpg


前菜
鉢物 白魚梅煮  山うどと烏賊の木の芽和え
futikame_4.jpg



鯛のあんかけ蒸し
futikame_5.jpg



豚の角煮
futikame_6.jpg


すずきの、けんちん焼 栗の甘露煮 はじかみ
futikame_7.jpg



椀物
海老つつみ 巻湯葉 すだち
futikame_8.jpg
海老つつみがメチャ美味かった!


中とろ 紋甲烏賊
futikame_9.jpg

そして、この日は寒い立山で冷え込んだ身体を温めるように
お鍋が用意されてました(^o^)丿

鶏つくね鍋
futikame_10.jpg
つくね大好き


旅館の、もう一人の主、林田さん
futikame_11.jpg
林田さんとは、広島時代からの長~い付き合い
昨夜はだったから、ゆっくりお話しできませんでしたから
今夜は、独り占めしまっせ(笑)

吉田さんと、お二人で地中海クルーズに行かれたそうで、
日本出発便はビジネスクラス、船は特別フロア・・・で
○十万円・・・えっうそ~~そんなに安く
ヴェネチアから出航した船旅は、そりゃもう最高だったそうです

そして、嬉しい報告が・・・
バジルさんのブログ見て来られたお客さんがいるよ~
えっホント・・・嬉しいなぁ
写真撮っても載せてない店たくさんあるからなぁ
冴えんところは載せません!!


揚げ物
海老南蛮揚げ 茄子 ししとう
futikame_12.jpg



鍋の、美味しいお出しで、雑炊
futikame_13.jpg



デザート
胡麻アイス あんこ 白玉
futikame_14.jpg

もう一つのデザートは、趣味で集められた絵の鑑賞~~

ピカソ リトグラフ
futikame_15.jpg



ミロ リトグラフ
futikame_16.jpg


ブラジリエ リトグラフ
futikame_17.jpg
ブラジリエは結構、馬の絵が多いのですが・・・
ピアノ・・・素敵です

ピカソ、ミロ、ダリそしてガウディはスペインの芸術家
いずれも前衛的ですね
お料理の世界でもエルブジをはじめとする
新スペイン料理・・・・こちらも影響受けたのかなぁ・・

積もる話が尽きない夜でした~~



    ショートトリップ 立山黒部アルペンルート

安曇野には、ちひろ美術館をはじめ小さな美術館が結構あります
バジルは数回行ってるので今回は黒部までのプチ旅行

立山黒部アルペンルートには2通りルートがあります長野側の扇沢
富山側の立山のどちらからです
詳しくはこちらに

扇沢からも立山からも専用のバスしか通行できません


まずは朝ご飯
azumino27-5_3_1.jpg
にし屋別荘の朝ご飯、美味しいですよ~~
米がおいしい

タクシーのお迎えまで、にし屋別荘の裏にある美術館
バナナムーンへ

azumino27-5_3_2.jpg



成瀬政博さんの作品が展示されてます

成瀬さんは週刊新潮の表紙のイラスト画家で、
横尾忠則さんはお兄さんです
azumino27-5_3_3.jpg
レセプションには息子さんがおられて、
前回、前々回とピエゾグラフを買ったので
広島からですよね~と、覚えて下さってました

ピエゾグラフはエプソンの登録商標で、リトと変わらないくらいの
仕上がりでリーズナブル

さぁ~扇沢に到着
これからトローリーバスに乗って黒部ダムへ

azumino27-5_3_5.jpg
およそ15分でダムへ到着


今の時期は放水されてませんが、背後の立山連峰は絶景
azumino27-5_3_4.jpg

徒歩でケーブルカー乗り場へ移動


ケーブルカーからの眺め
azumino27-5_3_6.jpg

この後はロープウエイ⇒トローリーバスで、やっと室堂に到着

最大の見せ場、雪の壁・・大谷ウォークで大感激
azumino27-5_3_7.jpg

ただ・・・メチャ寒くて
帰りも、来たコース同様、今度は逆に下って行きます
このコース、バジル達は順調に進んで行けたので
往復4時間でしたが、通常は5~6時間
紅葉のシーズン、連休は、一つの乗り物に2時間待ちだそうです
ラッキーだったなぁ

さぁ、宿に戻って、露天に入って、飯じゃ飯じゃ~~♪

    夕食 にし屋別荘

お腹がすいた~~
待ってましたの夕食じゃわ~

前菜盛り合わせ
azumino27-5_2_1.jpg



鰆信州蒸し 筍 美味だし
azumino27-5_2_2.jpg
お蕎麦も美味しかった


蕎麦の下には鰆
azumino27-5_2_3.jpg



海老茶巾 笹巻すし
azumino27-5_2_4.jpg



岩魚塩焼き
azumino27-5_2_5.jpg
安曇野は山の中、海の幸より山、川の幸です


しめじとホウレン草の白和え
azumino27-5_2_6.jpg



椀物
鯛焼目 すだち
azumino27-5_2_7.jpg



わぁ~ 今から炭火で炙ってくれるんじゃわ
azumino27-5_2_8.jpg



宿の2人の主 こちらは吉田さん
azumino27-5_2_9.jpg
吉田さん、5年近くぶりじゃね



椎茸ちゃん美味しかった!!
azumino27-5_2_10.jpg



黒毛和牛のシャトーブリアン
azumino27-5_2_11.jpg



柔らけ~
azumino27-5_2_12.jpg



山菜天ぷら
azumino27-5_2_13.jpg



稲庭うどん
azumino27-5_2_14.jpg
ほんの一口サイズです、丁度いい量だわ


白ネギ ピーマン
azumino27-5_2_15.jpg



酢の物
烏賊とキュウリ 土佐酢
azumino27-5_2_16.jpg



〆のご飯
筍ごはん 赤だし
azumino27-5_2_17.jpg



デザート 甲州りんご煮
azumino27-5_2_18.jpg

美味しかった!!
ご馳走様~~
朝ご飯も楽しみにしとるけぇね~

    林田さん吉田さん お久です~ にし屋別荘

5月9日からスペイン旅行の予定でしたが
ヨーロッパの情勢が安定しないので急遽
国内旅行に切り替えました
行き先は、お会いしたかった林田さんと吉田さんの宿
信州安曇野の「にし屋別荘」へ
今回は二泊しました

安曇野までのアクセスは
新幹線で名古屋⇒特急しなの⇒松本
松本からはJRで穂高・・・あるいはタクシーで旅館へ


楽しみにしていた開運堂さんのチョコレート・・・今季は完売
残念
azumino27-5_1_2.jpg
松本駅から徒歩圏内です


旅館「にし屋別荘」に到着
azumino27-5_1_3.jpg



林田さん吉田さん、お久しぶりです~
azumino27-5_1_4.jpg
もち花が素敵


囲炉裏では焼き物を・・・楽しみ!!
azumino27-5_1_6.jpg



屏風も素敵なんですよ~
azumino27-5_1_7.jpg



今回は離れではなく本館二階の益子の部屋
azumino27-5_1_8.jpg
広々とした部屋に感激


ツインベッドの寝室
azumino27-5_1_9.jpg

さて今夜は、どんな美味しいものがいただけるのかなぁ~