Hola スペイン料理 aca

お誘いいただいて
ミシュラン☆のスペイン料理acaへ
声を掛けて頂いたのは3月半ば・・・・
予約困難な店としても有名で、なかなか予約が取れず
今月の半ばに、ようやく
yukinoちゃんが何十回も電話でトライしくれたお陰です
グラシャス~~

お店に向かう前に祇園で軽く一杯アペリティーボ
と、その時!!こんな事が英語じゃなく、いきなりスペイン語ですよ
どうしてUrakamiシェフがスペイン語が話せるってわかったのか・・・
いやいや偶然かねぇ・・・スペインの匂いがしたんじゃろか・・・
スペイン語とイタリア語は結構似てるけど、バジルは全然聞きとれんかった
タイトルのHolaはオラーです、朝昼晩使えるスペインの挨拶!!
イタリア語は昼はBuongiornoボンジョルノ
夜はBuonaseraボナセーラ
HolaのHoは、ほ・・じゃなく、お・・と発音します
ですから、バジルのブログタイトルも
オ、マンジャートベーネです、間違っても
ホ、マンジャートベーネって読まないでね!!

さてさて、お話してるうちに到着

小さなビルの二階にあるaca
aca29_6_1.jpg



素敵なドアでした
aca29_6_2.jpg



まずは泡、スペインのカヴァ
aca29_6_3.jpg



透明なトマトのガスパチョ 
ミョウバンを使ってない拘りのウニ入り
aca29_6_4.jpg



シェリービネガーでマリネした鯵
aca29_6_5.jpg
鯵は、桜エビを食べて育ったものです


むむ・・この香りは、コリアンダーかな

ホワイトアスパラの炭火焼き
aca29_6_6.jpg
下には、貝・・・が入ってました
はっは~ソースにコリアンダーが、入っとるわ
コリアンダーってパクチーのことじゃろ・・・
でも、この料理美味しいわ!!


金目の炭焼き チョリソーと茄子のピュレ添え
aca29_6_7.jpg



さぁ~アワビさま、ご登場
aca29_6_8.jpg
でっかいアワビじゃったわ~(^_-)-☆


アワビの肝ソースでアロスカルドソ
aca29_6_9.jpg
アロスカルドソとは、スープパエリアです


黒毛和牛ヒレ肉
aca29_6_10.jpg


そして・・・

さぁースペシャルメニュー
何じゃらほい!!
aca29_6_11.jpg
早よ~開けてけろー

ジャーン!!
開けてビックリ
aca29_6_12.jpg



毛ガニのパエリア  蟹の身、てんこ盛り入っとる~~
aca29_6_13.jpg
メッチャ美味しい、ブチ美味い~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


大きめな米のパエリア、山椒入りアリオリソース添え
仕上げがイタリアのリゾットに近い感じでした
aca29_6_14.jpg



デザート

じゅんさいを使ったデザート
aca29_6_15.jpg



チョコレート
aca29_6_16.jpg

どの料理も、文句なしの美味しさ!!
特にパエリアは今まで食べたパエリアの中で一番
本場、スペインより美味しかったです~
そして、こちらのシェフが、またまた素晴らしい
同業者のUrakamiシェフに対しても器屋さんの店に地図を
書いてくださったり、お料理についても教えて下さったり
何より、イケメンじゃしね~~

ホントに楽しいスペインの旅でした
Urakamiシェフ&Yukinoちゃん連れて行ってくれて
ありがとうね~~グラシャス、グラツィエ Grazie Mille( ̄^ ̄)ゞ

また行こうや~ね、今度は本物のスパーニャへ
バルセロナ、アンダルシア、〆はバスク!!

Vorrei andare  Barcellona

スポンサーサイト

    ご無沙汰すぎ~~Fujiya1935  後編

Fujiyaさん後篇です

ちょっとずつでも結構お腹が膨れてきますね

赤かぶとフォアグラ
fujiya28_1_13.jpg



氷魚とあさつき
fujiya28_1_14.jpg




fujiya28_1_15.jpg


五島列島のクエ 蕗のとうとカリフラワーのソース
fujiya28_1_16.jpg




島根県匹見のワサビ 冷製パスタ
fujiya28_1_17.jpg

パスタが出るのが嬉しいねぇ~
しかも2種o(^▽^)o
スペインで修業される前はイタリアにいらしたとか・・・
なるほど・・・パスタが美味しいわけだ!!


8週間熟成させた但馬牛 九条葱
fujiya28_1_18.jpg


デザート

シェフのお母様手作りデザート酒
fujiya28_1_19.jpg
バジルはメロンにしました\(^o^)/


苺とメレンゲ
fujiya28_1_21.jpg
雪だるまカワイイ


ユリ根とりんご
fujiya28_1_20.jpg



ハーブティ
fujiya28_1_22.jpg
素敵なカップは青木良太さんの作品です


ほうじ茶と蜂蜜のドーナッツ
fujiya28_1_23.jpg



モストのゼリー
fujiya28_1_24.jpg
モスト・・・スペインのノンアルコールワインの事だそうです


あ~メッチャ美味しかった
藤原シェフとは2年ぶりかなぁ~
奥様、お母様もお変わりなくお元気そうで・・・っていうより
若くなられたわ~
やっぱり☆☆☆レストランとしての誇り、そして緊張感が
若さを呼びこむのでしょうね~~
この日も、満席にもかかわらず
新幹線に間に合うようタイミングよく
お料理を運んで下さいましたよ~

シェフ、ますますバージョンアップされ貫禄つきましたね~
これからも三ツ星のシェフとして益々のご活躍
陰ながら応援してますね~~
また、お会いしましょう、ごちそうさまでした

    ご無沙汰すぎ~~Fujiya1935 前篇

先々週、大雪警報の最中大阪へ・・・・
帰れなくなったら・・・どうしよう
日帰りなもんで・・・
K川さんから「どうする・・決行する?」とメールがきた
う~ん、よし行こう
新幹線ストップしたら泊まろう~~
でも、ホテルは無いと思うし・・・
あっ、神戸のHさんが今回一緒・・・
Hちゃま泊めて~~(笑)

お友達との食事会のなかでも
行きたいコールが多いFujiyaさん
今回は、妹分チーちゃんのリクエストです
6時スタート


今回は広島チーム6人に加えて
神戸のHさんも参加してくださいました~~

Fujiyaさんは、一階がガラス張りのキッチンスタジアム
客席は2階です
ウエイティングルームからドアを開けると・・・・
調理中のシェフが笑顔で会釈をして下さいました
藤原シェフ、お久しぶりです~~

さあ、何飲む~
まずはスペインのカヴァにしようや~

fujiya28_1_1.jpg

乾杯~~
この後は、料理に合わせて、ソムリエが選んでくださる
ワインコースにしようや~~

気泡を含ませたパンのシリーズは
Fujiyaさんの大ヒットメニュー
fujiya28_1_2.jpg




fujiya28_1_3.jpg



明日香村の蘇
fujiya28_1_4.jpg
蘇(そ)・・・日本で最初に作られたチーズ

大阪の喜川・・・先代の大将、上野修三さんの時代に
いただいたことあります
その当時は、持ち帰り用の手書きのメニューがあって
明日香の蘇・・・って書かれてました

ワインコースまずは日本酒です
fujiya28_1_5.jpg
伊乎乃・・・新潟の小千谷市の酒です
小千谷縮で有名な小千谷市ですね


寒ブリ、セリと聖護院蕪
fujiya28_1_6.jpg



蕪を添えて・・・
fujiya28_1_7.jpg
美味しいねぇ


ふぐ白子(大分産)ごぼうと黒トリュフ
fujiya28_1_8.jpg
フグの白子って和でも洋でも・・・どうやっても美味いわ~~
白子は、やっぱりフグじゃね~~

今週末は、恒例のフグ白子三昧っじゃわ~~.゚+.(・∀・)゚+.



fujiya28_1_9.jpg



バター2種えーっと・・
fujiya28_1_10.jpg



木箱で保温されたパン
fujiya28_1_11.jpg


続いてパスタ

わ~いパスタじゃ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

函館産ウニと塩漬け卵 イカ墨ソース リングイネ
fujiya28_1_12.jpg
濃厚なソースですが、量が少なめなので重たさを感じません
すごく美味です~~


後半も美味たっぷし~

    驚きの連続・・・Fujiya1935 ☆☆☆

世界ベスト50レストラン
一位はデンマークのnoma
二位はバルセロナ郊外ジローナのエルセジェールデ・カン・ロカ
いずれも新スペイン料理と呼ばれるモダンスパニッシュ
そして・・・こちらfujiya1935やカセントもモダンスパニッシュ
エルブリの影響がかなり強いんでしょうね~

藤原シェフにお会いするのは久しぶり・・・
今回も驚きと感動の料理いっぱいでした



ウエイティングルームでいただいたのは
北海道、白樺の樹液入りの水・・初めての味、ほんのり甘い
fujiya25_4_1.jpg
小鳥がかわいい木箱は、お絞りが入ってます
この日は料理に合わせて、ソムリエが選んで
出して頂くワインコース
泡はスペインのカヴァ


しっとりと火を入れた蛤と碓井エンドウ豆のフランと桜
fujiya25_4_2.jpg
桜のいい香りです、蛤も絶妙な火入れ・・最高です


ごぼう ピスタッチオのマシュマロ
fujiya25_4_3.jpg
口に入れるととろけるマシュマロ ごぼうはカリッとスナック菓子のようです


人参のスナック
fujiya25_4_4.jpg
人参のムースが入ったスナック


小さなじゃがいも
fujiya25_4_5.jpg
一口でパクッはインカのめざめ

気泡のパンシリーズは大人気

気泡をたくさん含ませた碓井エンドウ豆のパン
fujiya25_4_6.jpg
豆の香りいっぱいのパン、大好きなメニューです


木箱に入って出てくるのはパンとバター2種
スモークバターとガーリックバター
fujiya25_4_120.jpg




赤ムツ 若牛蒡 島根県匹見のワサビ
fujiya25_4_7.jpg

前回訪問した時、シェフが匹見に行ってきますと言われてたけど・・
これか・・・いいワサビです


揚げて蒸したグリーンアスパラ ホワイトアスパラと蘇のソース
fujiya25_4_8.jpg
蘇・・・古代のチーズ

昔、飛鳥の蘇というのを食べたことあります
名料理人、上野修三さんが㐂川にいらした頃・・
懐かしい味でした



天然の鯛 春キャベツと天然の野草
fujiya25_4_9.jpg
まさに野生のお味~


手延べパスタ 甘ダイと大間のウニとスナップエンドウのソース
fujiya25_4_10.jpg
冷製パスタです、こちらのパスタはほんとうに美味しいんですよね~
ウニも・・・絶品

シェフと奥様はスペインに渡る前
イタリアでイタリアンの勉強されてたそうです



近江牛 菜の花ととはこべ
fujiya25_4_11.jpg
春の七草、はこべら・・近江牛と組み合わせるなんて・・素晴らしい!!
お肉は、とってもやわらかなレア~


続いてデザート
まず、写真ありませんが「赤い果実のミニドーナッツ」を
一口でパクッ!!


はっさくの粒々とその皮のクリーム ココナッツ
fujiya25_4_13.jpg



ヨモギと春苺
fujiya25_4_14.jpg



Fujiyaのボンボンチョコレート
fujiya25_4_15.jpg


驚きと感動の連続・・・
久しぶりのシェフとゆっくりお話ししたかったのですが
有名なグルメ評論家のYさまのテーブルも満席
最後の、お見送りの時に少しだけ話しできました
ジローナのロカ、今回行くんですよ~と話したら
さすが、訪問されたことあるそうです
こんど広島ミシュランが出ますが・・はたして
fujiya1935やカセントに匹敵する店・・ある??
是非、広島も頑張ってほしいですね~~

    Ca sento ☆☆☆

先日、広島のフレンチレストランのAシェフと
神戸のCa sentoへ行ってまいりました
三ツ星のCa sento・・予約が超とりにくいことで
有名なレストランです
今回は、AシェフとKさん、そしてハナワインさんの4名でのお食事会です



まずは泡 
casento25_2_1.jpg



松葉ガニとアボカドのコルネ風
casento25_2_2.jpg
もちろん手で~ぱくっ!


黒トリュフのスープ仕立て
casento25_2_3.jpg
トリュフのいい香りが口の中いっぱい~
器が黒いので黒いスープに見えますが
透明なコンソメ風です



やったタパスじゃ~~
casento25_2_4.jpg



生アーモンドのガスパチョ 
鯔のモホソース和え
casento25_2_5.jpg
鯔(ぼら)・・ご存じ、子はカラスミです


スペイン、カンダブリア産アンチョビとブリオッシュ
casento25_2_6.jpg
一口でパクッ・・もっと欲しい~~


フォアグラのテリーヌとナッツ
casento25_2_7.jpg
ナッツの香りが・・すごいメチャウマでした~


河内鴨のモルシージャ
casento25_2_8.jpg
血のソーセージです
店に入った時、いい香りがしたのは・・これかぁ~
全くクセはありません、美味しいですよ~

サバのマリネと生姜のチュイル
casento25_2_9.jpg
さすがじゃね~旨いわ


え~っと何だったっけ・・種類多いので
casento25_2_10.jpg



神戸で有名なマーシュのパン
casento25_2_11.jpg



ホタテと極細のホワイトアスパラ
casento25_2_12.jpg
とっても立派なホタテでした


今朝届いた野菜たち ホクホクの野菜が、たまらなく美味しい
casento25_2_13.jpg
彼方に映るAシェフ・・お洒落していきますから・・の言葉通り
スーツ姿のシェフは初めて・・かっこいいですよ~
いよ~待ってました色男


五島列島、天然真鯛のソテー
casento25_2_14.jpg
6㌔あったという鯛・・プリプリでした


左は椎茸・・メチャ肉厚 右は、これから出される肉のソース
casento25_2_15.jpg



鳩エトフェのロースト
casento25_2_16.jpg
バジルは鳩は・・ちよっと苦手かも
鴨に変えて頂きました


バレンシア風おじや 今回はウサギちゃん
casento25_2_17.jpg
結構濃厚ですが、クセはありません


デザート
casento25_2_18.jpg


最後は恒例のシェフのお見送り・・・
カセントさん、予定ですが改装されるそうです
ウエイティングルームも作られるとか・・

Aシェフとカセントへ・・の約束が、やっと実現できました
食事中、色々と考えもお聞きできました
今回の、カセントも、料理をじっくり味わっておられました
何か一つでも勉強になればいいと・・
いやいや。。。Aシェフのお料理も負けてませんよ~~