絶品のAYU  ルココ

この間かかってきた電話、着信名をみると陽子さんの
実家の番号・・・・
おかしいなぁ、19日にイタリアに帰ってるはずなのに・・・
「もしもし、陽子さんまだ広島ですか?」
「そうなのよ、エールフランスがストしてるの!」
「え~まだやってんですか、
一週間くらい前に世界のニュースでやってましたよ」
イタリアもそうですがショーペロ(スト)が多いです
バジルも来年の帰国便マドリッド~パリまでエールフランスです
気を付けないと・・と思ってもこればかりはどうしようもないですね

さて、今月初め、鮎のお料理を楽しみにルココへ

まずはアミューズ
枝豆とアンチョビのムース
lecoco26_9_1.jpg
こちらは手でパクッ!!
もっと食べたい~~




パリパリに焼いた紫ジャガイモ チーズシュウ
lecoco26_9_2.jpg




これこれ
今シーズンからお目見えの鮎料理
lecoco26_9_3.jpg
蓼のソースとカボスのムース
鮎、メチャ柔らかい~どうやって調理されたのかしら
とっても美味しいAYUさまでした



レタスのラビオリ、アーモンドのソース
lecoco26_9_4.jpg
絶品です素晴らしいラビオリです
Kさんにフレンチでもラビオリあるのですね~と伺ったら
イタリアンと違ってパスタ生地ではないけど
フレンチも、ちゃーんとありますよ~~との事
イタリアンでは、パスタ生地の中に野菜や挽肉を挟み
抜き型で四角、(丸いのもあります)抜いたもので
ポピュラーなのは、トマトソース
リッチにクリームソス・・など




ホゴメバルのグリル サフランソース
lecoco26_9_5.jpg
サフランのいい香りです~




そして今回はメインにお肉をいただきました
北海道産の牛さんのロースト
lecoco26_9_6.jpg
霜降りではなくイタリアのキアーナ牛に似た赤身
本来の肉そのものの、お味で、噛めば噛むほど
美味しさが味わえる、素晴らしい牛さんでした

この後はデザート、写真・・・失念

お客様が退けてからはシェフと雑談!!
パリのフレンチの話になって・・・
アストランスやアランデュカスに行った話
正直、あまり感動しなかった・・けど

イタリアのグロスエートにあるアランデュカスの
プロデュースした、こちらのホテルにあるレストランの話から
なんと、ホテルのレストラン、
フランス人シェフがルココにご来店されたとか・・・
え~ビックリ!!
名刺まで見せて頂きました
イタリアンというよりフレンチに近い料理だったわよ~
是非行ってみて~~がぁ・・なんせ、遠い・・・
車でないと行けませんよ~
な~んて30分くらい話が弾みました
あら~もうこんな時間だわ~
じゃ、失礼します~~
おっと、食事会第2弾、しましょ
和食が、お好きなシェフとKさん
京都でも行きましょう~~ささ木・・取れればいいけど

スポンサーサイト