京都経由 安曇野(長野)

週末に京都経由で信州の安曇野にある
知人が営む旅館に行ってきました。
安曇野市穂高温泉にあるにしや別荘はホスピタリティ抜群の
素晴らしい旅館です。
ただ・・難点は遠い事・・広島から5時間ちょっとかかります
定期的にお邪魔してますが、道のりが長いのでいつも
京都経由で行ってます。
もちろん今回も大好きな京都に一泊しました



お京都での夜は・・まず食前酒から
さなえさんが紹介されていたCommmon one Bar
是非行ってみたいと・・いざ出陣

タクシーで降りて・・迷ってしまいました
どこが玄関??
common.jpg
お~やっと見つけた
格子戸の奥の石畳のアプローチ・・素敵



common5.jpg common2.jpg





京都らしい鰻の寝床
common3.jpg
入口狭くて中が広ーい


わ~お料亭みたい
common4.jpg



長ーいカウンター
common8.jpg

カウンター横には階段箪笥が・・・
common7.jpg


座敷が数部屋あります。
一番乗りで、まだ他のお客さまが
いらっしゃらなかったので中を案内してくださいました
common9.jpg common10.jpg
common6.jpg common17.jpg
元、表千家の師匠のお住まいだったので
素晴らしい茶室が数部屋あります

common18.jpg


苔むした庭には蹲が・・・
common11.jpg



さあ食前酒頂きましょう
ホワイトミモザ・・・グレープフルーツのミモザです
common13.jpg

二杯目はミモザ
common12.jpg

友人の飲み物は軽ーいカクテル
パイナップルのカクテルです
common14.jpg

さて、こんな素敵なお店・・会計は??
ビックリ!!3人で2杯ずつ・・9500円・・えっ一人3000円ちょっと
安~い


京都ってどうしてこんな素敵なバーが多いのでしょうね
町屋を保存する会がありますが、こんな形で使われたら
なんて素敵なんかしら・・と思います。
こちらのCommon one Barこの時食前酒を頂いたフィンランディアバーの姉妹店です
事前にフィンランディアバー店長の高山さんにお店の事
確認しておきました。
迷ってしまい数回電話電話入れましたが・・
とても感じのよい店長、世古さんの応対
探しながらやっと見つけた玄関・・・格子戸を開けると・・
ぱーっと・・そこには広島では決して味わうことの出来ない
幽玄の世界・・・このドキドキを味わえる京都が大好きなバジルです
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する