Ca sento 神戸 前篇

今ヨーロッパ中を恐怖に陥れている腸管性出血大腸菌・・・
昨日、朝のBS世界のニュースによると
当初スペインのキュウリが原因と
いわれてたが、調査の結果そうでないことが判明・・・
とはいえ汚名を着せられたスペイン・・・
ドイツを強く非難しているそうです
幸いなことにイタリアは被害が出てないと
フィレンツェの陽子さんからメール届きました

先日、日本でも生肉が原因の事故があったばかりだというのに・・・
原因究明を急いで、早く対処してほしいですね


さて、神戸のカセント・・ミシュラン☆☆☆に行ってきました
今回は素敵なゲストハナワインの久保田さんをお誘いして・・・
神戸までは新幹線で約1時間・・十分日帰り可能です
ワイン選びに心強いゲスト、久保田さんに料理に合う
ワインお願いしました

この日は6時の予約
店内はでした
ca sento23_5_3




シュワシュワでサルーテ   シャンパンです
ca sento23_5_6



カルドとイディアサバルのムース、稚鮎のフリット添え
ca sento23_5_7
イディアサバルはスペイン、バスク地方特産の羊のチーズ
カルドとは出し汁のことです


セロリのガスパチョ
ca sento23_5_8
ご存じスペインの冷スープ、ガスパチョ・・・
普通はトマトですが・・・初めていただきました
とっても美味しかったです
余談ですが、ガスパチョ・・店によってはトマトジュースのような
ものもありますが・・・ダメダメ・・
本当のガスパチョは、すっごく美味しいですよ~
今までで一番美味しかったのは・・・そりや自分で作ったガスパチョ
メチャウマだった火を使わないから
誰でも作れますが・・でも・・
材料は吟味しなきゃ



ヒイカのソテー、黒インゲン豆のソース
ca sento23_5_9
ういきょうも・・・綺麗な料理ですね~
モチロンお味もBuonissimo



続いてスペイン白
ca sento23_5_18


やった~タパス軍団じゃ~
ca sento23_5_10
どれもみな美味しそう~



チーズやパイをくるっと巻いたパルマ産生ハム
ca sento23_5_11




絶品のカンダブリア産アンチョビ
ca sento23_5_12
何回いただいてもBuonissimo


ホモーーホモーーホモ間違えないでね
モホソースで和えた貝類 赤貝、ミル貝、サザエ、とこぶし
ca sento23_5_13
モホソースはグリーンの鮮やかなソース

ホモ・・・バジルのまわりいっぱいいるわよ~
ホモ、ゲイ、ニューハーフ、サブ・・似てるようでも違うのよ・・
若い頃ゲイバーに通いつめてたので・・・ゲイ友いっぱいいるわよ
ハナワインにも何度か、やわらか系と行ったからさ~
橘高君が「今夜は、オネエさんですか?ノーマルですか?」と
バジルの待ち合わせ相手を聞かれたことあるわよ

クローゼットさん・・ご存じかしら・・?
自分がゲイであることを隠してる方のことよ
カミングアウトされてない隠れネエさんの事・・クローゼットさん

あらっ、やだバジルもオネイ系喋りになってるわ
(あらっ、て言うのはよく使いますね、オネエさん方)


イワシのマリネと山芋
ca sento23_5_14




フォアグラのムース、コルネ風
ca sento23_5_15
めっちゃウマいです~



手に持って一口でね~パク
ca sento23_5_16





温泉卵ティラミス風
ca sento23_5_19


まだタパスですよ~


鴨肉の血のソーセージ
ca sento23_5_17
濃厚ですが、癖は全然ないです



アルザスの白
ca sento23_5_22





とっても美味しいパン
ca sento23_5_20
バジル今まで勘違いしてて・・自家製かと・・・
近所の美味しいパン屋さんで焼いてもらってるそうです
ラ・マーシュ・・今度機会があれば買いに行こうかしら・・



いながきファームのニンニク アーモンドのガスパチョと
ca sento23_5_21
ほくほくして、お芋さんみたいでした
こちらにも、ういきょうが・・・



アーモンドのガスパチョ
ca sento23_5_23
デザートのように、ほんのり甘い美味しいスープです



まだまだ美味しい料理後半へ続くわよ~
やだ~オネエが直らないわ~
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する