Fujiya1935 後篇

あ~気持ちのいい朝でしたね~
秋がだんだん近づいてきたかな・・
最近、外反母趾になったのか。。。
左足が痛い・・・


さて、Fujiya1935後篇です


木箱に入って保温されているパン
fujiya23_8_23.jpg
パンは自家製かと思ってましたが・・・
超人気の吹田ル.シュクレクールで特別に焼いてもらってるそうです



燻製バター とっても香り豊かです~
fujiya23_8_24.jpg




天然ウナギ 淡路産玉葱と茗荷 黄色ピーマンのソース
fujiya23_8_15.jpg
天然ウナギが、いただけるなんて・・シアワセです
               ↓↓↓


肉厚の天然ウナギに黄色ピーマンの上澄みソース・・
最高です
fujiya23_8_16.jpg




バターナッツかぼちゃとキャビア
fujiya23_8_17.jpg
あま~いバターナッツかぼちゃに贅沢にもキャビア・・
上澄みのソース・・・申し分のない逸品



鴨の胸肉 瓜 万願寺唐辛子 落花生
fujiya23_8_18.jpg
鴨・・・フランス産の。。。え~何だったけ
もちろんBuono、火入れが抜群


イチジク 夏苺 白樺の樹液のゼリー
fujiya23_8_19.jpg
白樺樹液のゼリー・・初めての味
ほんの少し塩気が利いてフルーツの甘みが増します


マンゴのメレンゲ ふわふわのメレンゲ~
fujiya23_8_20.jpg
お代わり欲しい~



出来立ての生チョコレート
fujiya23_8_21.jpg
これは・・いけませんぞ・・ウマすぎ



最後はメロンとパセリのジェラート ミルクのパウダー
fujiya23_8_22.jpg
お口リセット・・さっぱりです~


大満足です、ごちそうさまでした


一人ずつ配られるメニュー
fujiya23_8_26.jpg



心温まるMessaggio(メッセージ)が書かれてます
fujiya23_8_25.jpg

こちらfujiyaさんは奥様も素晴らしい料理人です
前回のバスク旅行では、かのエチェバリで
一週間働いてこられたとか
お見送りしてくださる時、シェフが
今日でよかったです、明日からしばらく休みです・・と
えっ、まさか行かれるんですか?と、お尋ねすると
嬉しそうにデンマークへ・・と
そうです世界一のレストランnoma
やっと予約取れたのですね
次回の訪問が楽しみです
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する