秋の一般公開 瑠璃光院

先週末、京都へ紅葉狩りに・・・が
暖かい初冬のせいか紅葉、まだのようでした
先月、比良山荘へ行く時お願いした
永ちゃんタクシーさんからの情報によると
現在紅葉してるのは、高雄方面・・・それじゃあ紅葉で有名な
神護寺へ・・・の予定でしたが・・・・ニュース等でご存じの通り
新幹線の信号機不具合によりダイヤが大幅に乱れ
1時間遅れの京都到着になりました



今回も永ちゃんタクシーさんにお願いしました
fujiya23_11_6.jpg
到着後、昼食・・・時間がかかり過ぎて高雄方面を断念
八瀬へ向かって、ぶっとばせ~

そして連れてきてもらったのがこちらですが大正解でした


瑠璃光院は知る人ぞ知る紅葉の名刹です
普段は公開されず、春、秋の年二回に一般公開されます
fujiya23_11_1.jpg
山門、苔むした石段が歴史の深さを感じさせます





玄関近くの池、錦鯉が紅葉をより一層引き立ててくれますね~
fujiya23_11_3.jpg



写経もできますよ
fujiya23_11_8.jpg

以前、苔寺で写経しました・・・
苔寺はその日の宗教行事に参加しないと参拝できません(要予約)
でも・・座禅でなくてよかった


わ~ほんの少し色づいてる
fujiya23_11_2.jpg




極楽と地獄 鋳造ではなく背面から叩いて浮き彫りに・・すごっ
fujiya23_11_4.jpg

極楽と地獄、特に気になったのは
    ↓↓↓

ミケランジェロという文字が目に焼きついた
なぜならバジルはミケランジェロを崇拝してるので
fujiya23_11_5.jpg
ミケランジェロの最後の審判を想起させる・・と書かれてます
なるほど・・ローマ、バチカンの至宝最後の審判を
ご覧になった方なら、なるほど・・と思われるはず
システィーナ礼拝堂の天井に描かれている大壁画、天地創造
そして最高傑作の最後の審判・・何回見ても感動です
最後の審判には生皮をはぎとられた自身をモデルに描き
自分自身の罪深さを表してますが・・
こちら極楽と地獄は・・どうかしら??
日本でもレプリカですが大塚国際美術館で
システィーナ礼拝堂を観る事が出来ます
またこちらにはパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂にある
ジョットの壁画のレプリカもあります
もちろんバジルはベネチア近郊の街パドヴァに行き
スクロヴェーニ礼拝堂行きました
っと・・話がイタリアに逸れましたが
次は京都でのお昼ご飯紹介しますね~Ciao
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する