Firenzeフィレンツェへ

花の都フィレンツェ
大天才達が持てる限りの力を出し
競い合ったルネサンス発祥の地・・・
500年前にダビンチ、ミケランジェロ、ラファエロが
同時期に待ってましたというように現れ・・・
それを庇護するメディチ家までもが・・・
バジルは不思議としか言いようがありません

以前漫画家の池田理代子さんがおっしゃってましたが
「フィレンツェの美術品を全て売り払えば
全てのフィレンツェ市民が100年間暮らしていける
位の価値がある」・・と

ルーブルにあるダビンチの「モナリザ」は、ここ
フィレンツェで描かれたものです。
このように、天才達の名画や彫刻の多くは
イタリアで作り、描かれました。



さて、きっとこの風景は、皆さんご存じでしょう

ミケランジェロ広場にて撮影
花の大聖堂サンタマリアデルフィオーレが
そびえたつ中世の街は世界遺産です
firenzie3.jpg
わ~下手な撮影(泣)Noriko先生に叱られそう・・・
先生、デジカメなもんで・・・(言いわけ)


バスクからトスカーナまで一緒してくれたローマのMちゃん
ここでお別れ~寂しい
firenzie1.jpg



初対面で意気投合したSさんも名残惜しいお別れ・・・
firenzie2.jpg

MちゃんGrazie ci vediamo

さあフィレンツェでは大御所陽子さんがお待ちかねです

Mちゃんと名残惜しいお別れの後はホテルへ・・・
フィレンツェでは好みのホテルということで
バジルとSさんはフェラガモのホテルへ
SEさんKさんはリーズナブルに駅近くのホテルへ



ルンガルノホテル
firenzie4.jpg
ホテル予約はイタリア語勉強を兼ねメールで・・部屋の指定しました
(ほとんど先生に・・・

バルコニーからはアルノ川に架かるポンテベッキオが望めます
firenzie5.jpg
ponte vecchioポンテは橋 ヴェッキオは古い
ポンテベッキオとは古い橋という意味です

さあ、夕食ですが・・・・
昼のシエナで食べすぎて・・・
夜は軽く、ということで

verrazzanoヴェラツァーノへ
ここはフォカッチャと切り売りピザの店
前回は出発前に軽くいただきに来ました

おつまみのカナッペ
firenzie6.jpg



フォカッチャとピザも・・・
firenzie7.jpg


でも・・・まだ入りそうね
ということで、シニョーリア広場にある老舗カフェRivoireへ


こちら、朝食から夜は軽食、オープンカフェ・・と
とっても使い勝手がいい店です
firenzie8.jpg



またまたカナッペ
firenzie9.jpg



トマトソースのパスタ
firenzie10.jpg
カフェのパスタ・・??でもこれがイケるんです


食後はバジル達のホテルで軽~く一杯

ホテルラウンジ
firenzie11.jpg




お疲れ~
firenzie12.jpg


翌日は陽子さんちっにお呼ばれです
Buona notte

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する