MOTOI  後編

今晩は~
寒さがぶり返してますが風邪など引かれませんよう
みなさま気を付けてくださいね

さて「MOTOI」後篇です


セイロで蒸したオマール海老、上には千切りのネギとショウガ
一瞬、中華かと・・・なるほど中華出身のシェフの遊び心たっぷし
motoi13.jpg
こちらにかけられるのは胡麻油・・・ちがった
オリーブオイル
これでフレンチに大変身


オマールエビのラファール
香りを立たせた葱を合わせて
motoi14.jpg
とってもいい香りが部屋中に漂いました~


一汐のグジのポアレ
香ばしいパン粉と柚子
motoi15.jpg
だしと柚子の2種のソース、上には、煎りパン粉に豆鼓と、
こちらも中華が見え隠れしてますよ
手前の白い小さな四角は、ココナッツミルクのゼリー
コリアンダー、アイスプラントと共にいただきます
ほのかに香る柚子が、引き締め役になってます



ロゼに焼きあげたビュゴール家のシャラン鴨
motoi16.jpg
皮目を炭で焼いた鴨は2時間かけてロースト
付け合わせは鴨のだしと山椒オイルで炊い た
蕎麦の実リゾット

ナイフが、またすごい一本数万円といわれてる
ラギオール・・・

この後はデザート

生姜と八朔
motoi18.jpg
お皿の下に敷き詰められているのは八朔
一見茹で卵・・・生姜アイスです


紅マドンナのプリン
motoi19.jpg
愛媛産みかん、紅マドンナのプリン
ホワイトチョコのムースが、さっぱりプリンに
濃厚さがマッチ


苺のクレメダンジュ
motoi20.jpg
チーズで作られた・・え・・っと、なんだったけ



ミニャルディーズ
motoi21.jpg
小さなお菓子という意味だそうです

ソムリエが選んで下さった
この日の泡&ワイン
motoi17.jpg


京都といえば和食・・・
こんな素敵な、お屋敷でフレンチがいただけるなんて・・・
MOTOI・・シェフのお名前が元(モトイ)さんだそうで
ヌーベルシノワ&ヌーベルキュイジーヌ・・だけでは
ありません、今を行く新スペイン料理も加わってます
これからが楽しみなシェフですね~
ごちそうさまでした
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する