Firenzeから里帰り 玉の

土砂災害から一週間を迎える被災地
実はバジルの従弟が避難生活をおくってます
昨夜のNHKニュースで東北から来られたボランティアの
新沼さん(名前違ってたらすみません)
ご自身も震災の被災者で、その当時ショックで
何もする気が起らず・・・そんな時各地から来られた
ボランティアの方にどれだけ助けられたか・・・と
その恩返しのつもりで、災害が発生するたびに
お手伝いにやって来られるそうで、
汗だくでタオルをはちまきに、土砂をスコップで除去される
姿に感動しました
自分が被災者だから、被災された方の気持ちが
一番よくわかると言われてました

報道関係やジャーナリストの方ならともかく
興味本位で写真や動画を撮るのはどうかなぁ思います
それでなくても、精神的にショックを受けておられるのにねぇ・・

目的もなく何かできることあれば・・・と自己PRするのではなく
危険ですからボランティアのチームに入って指示を受けるのが
賢明だと思います。
してもらいたいこといっぱいあるに決まってるじゃん!!
何かあればではなく、私は、おにぎりを持っていく・・・
日用品を持っていく・・・あるいは衣類を・・と
決めて取り掛からないと・・私は思います・

携帯も水につかり使えないので従弟とも連絡取れずに・・・
そしたら、昨夜テレビに映ってた!!
元気な姿を見て涙が止まりませんでした
バジルは衣類、日用品を連絡が取れ次第
持っていこうと思います。
とにかく、今は現場は危険だということだけは事実です。


さてさて、毎年恒例の陽子さんの里帰り
今月中旬、「玉の」で友人のSさんと3人でのお食事会です

女将さんと久しぶりの再会にハグハグ
tamano26_8_1.jpg



お帰りなさ~いの乾杯はシャンパンです

先付けはヘルシーな、もずく
tamano26_8_2.jpg



いつも頼むのはカラスミ大根
tamano26_8_3.jpg



お造りは色々盛り合わせて頂きました
tamano26_8_4.jpg



グレープフルーツのサラダ
tamano26_8_5.jpg



自家製焼売
tamano26_8_6.jpg



蒸しアワビ肝ソース
tamano26_8_7.jpg
こちらも必ず頼みます、メチャ美味しいです~


イワシハンバーグ
tamano26_8_8.jpg
ヘルシーバーグですっ!


煮穴子
tamano26_8_9.jpg



〆は稲庭うどん
tamano26_8_10.jpg
バジルは、おにぎりを食べました・・・
うどん・・ちょっと、味見させて~~

女将さんから、ちょっとバジルさんに見せたいものが・・・
と、案内されたのが、2階のこちら

tamano26_8_12.jpg



会員制のカウンター割烹で
一階の店は、お弟子さんに任せ大将が料理を作られます
tamano26_8_11.jpg

女将さんに、バジルは会員にしてもらえるん?
と聞くと、もちろんですよ~~
やった!!
大将、女将さんともに、研究熱心で
新しさを追求される・・・
まさにプロフェッショナル
これからも、大いに期待してますね~~
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する