右手でよかった~~?  齋華

さろん木々さんの食事会、食堂おがわさんに続いて
翌日はヌーベルシノワを代表するお店「齋華」さんです
オーナーシェフ齋藤さんの作り出すお料理はどれも絶品
バジルは婆娑羅時代からの大ファンです~~

久しぶりの齋華さん、玄関を開けお店に入ると・・・
なんと、シェフの右手に包帯、しかも添え木をされてるような・・・
まさかの骨折!!それも右手!!
がぁシェフの意外なお言葉が・・・・
右手でよかった~(サウスポーではありません)
中華料理ってかなり中華鍋を振ることが多いそうで
重い中華鍋を振るのは左手どすぇ~~
材料を切ったり混ぜたりはお手伝いしてもらえるけど・・・
んん~納得
ということで、この日は頼もしい助っ人さまの
お姿が厨房にございました


saika28_10_1.jpg




saika28_10_2.jpg



天井が高い造りになってて広々
saika28_10_3.jpg



こちらにおわすお方こそ
頼もしい助っ人様です
saika28_10_4.jpg
どこかでお会いしたような・・・・
ポロシャツにどこかで見たお名前が・・・
あそっか!!百獣の王もびっくりの強い味方じゃわ~


まずは泡で乾杯していただきましょう~
saika28_10_5.jpg



雲白肉(ウンパイロウ)
saika28_10_6.jpg



叉焼  皮がパリパリで超絶品!!
saika28_10_7.jpg
もっと食べたい~

この日は上海蟹が用意されてましたが・・・
本来なら食べやすく解してくださってるのですが
この日はシェフから「セルフでお願いします」
との、お言葉、みんな頑張ってホグホグどすぇ~

saika28_10_8.jpg



上海蟹さま  うん立派なお姿じゃ
saika28_10_9.jpg
数日間・・・たしか5日間って言われたっけ
紹興酒に漬けられたとか・・・



蟹のみそと合わせていただくビーフン
saika28_10_10.jpg
シビレルほど美味い~~


Vino Rosso(赤)でも、もらおうか
saika28_10_11.jpg



松茸、春雨、ワンタンのスープ
saika28_10_12.jpg



フカヒレ
saika28_10_13.jpg



そして齋藤シェフの18番
アワビの肝和え麺
saika28_10_14.jpg
メッチャやわらかなアワビが添えてありましたよ

紹興酒
saika28_10_15.jpg

そして、お手洗いに行って戻ってみると
隣の席のトミーちゃんが「電話鳴ってたよ」「かなり長く鳴ってたから急用じゃない」
なんか、嫌な予感・・・しつこく鳴らすのは
じいちゃんじゃ!!
「もしもし何、どしたん?」あ~バジルちゃん、切手はどこにあるんかいね?
「え~切手・・・」知らんわそんなん!!
それくらいで、電話してくるなっちゅうのにプンヾ(`・3・´)ノプン


鴨のクレープ巻き
saika28_10_16.jpg
味噌、ねぎ、とともにクルクル巻きよ~ん


プチサイズの担々麺、イチジク添え
saika28_10_17.jpg
言葉が出ん!! お・い・し・いです~~


デザート
杏仁豆腐
saika28_10_18.jpg


どの料理も大満足

斎藤シェフ、大事な右手を骨折されてるにも関わらず
見事なお料理を食べさせて頂きました
骨折って、経験有りますがホントに日常生活大変ですよね
どうぞ、お大事になさってくださいね
一日も早く回復されますよう、心からお祈りいたします

あっ、来月初めには、お友達が参りますので
宜しくお願いしますね~~
叉焼は必ず食べるように強く強くプッシュしてます
みんな、とっても楽しみにしてますよ 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する