江戸の〆はフレンチ  Florilege

ここんとこ更新が・・・|д゚)チラッ
妹分のチーちゃんに最近また、更新が遅い(喝)と
叱られましてね・・・・
チーちゃん、うちも忙しいんよ(。-_-。)

では、江戸〆といきましょう~~


まずは、名画から・・・といっても本物ではありませんがぁ
AYAちゃんが行きたいといってついていった東京ドームシティーの
TeNQテンキューに展示されてたのは・・・

何か見たことある絵じゃねぇ・・・オリジナルは見たことありませんが


夜のカフェテラス ゴッホ作
fro29_1_2.jpg
オリジナルはオランダの美術館にあります
あまりバジルの得意な分野ではないのですが・・・
素晴らしいと思います

世界の有名な美術館もいいですが、ヨーロッパには美術館以外にも
数多くの名画があります!!
みなさんよくご存じのクリムトは、あまりにも有名ですが・・・
かの有名な接吻は、ウイーンのヴェルベデーレ宮殿の中のギャラリーに
あるそうです、ヴェルベデーレ宮殿はハプスブルグ家に仕えた方が
離宮として造られたようですね・・・
ずいぶん昔ですが、絵の好きな友達がヴェルベデーレ宮殿に
大感動してました
お土産に頂いたタイルに描かれたクリムト
女性の顔のみですが、とっても素敵
大の、お気に入りです
ミュージアムショップも、とても素敵だそうです
ハプスブルグ家はオーストリアの名門中の名門
そう・・・フランス革命により断頭台で処刑された
マリーアントワネットの実家といえば、もうおわかりですね
近い将来、是非見に行ってこようと思います

しかし、バジルのキホンはルネサンスですっ!!

さて、江戸〆は予約困難なフレンチのフロリレージュ


店内は厨房を囲む大きなカウンター席
fro29_1_3.jpg


ランチタイムに行きましたが、せっかくなので
ディナーコースをいただきました

ソムリエおススメの泡
fro29_1_4.jpg

お料理はフレンチですが、限りなくモダンスパニッシュに近いですね


fro29_1_5.jpg




fro29_1_6.jpg




fro29_1_7.jpg




fro29_1_8.jpg




fro29_1_9.jpg




fro29_1_10.jpg




fro29_1_11.jpg




fro29_1_12.jpg




fro29_1_13.jpg




fro29_1_14.jpg




fro29_1_15.jpg




fro29_1_16.jpg




fro29_1_17.jpg




fro29_1_18.jpg

メニューがカウンターの上に置かれてましたが
友人との話に夢中で、説明をよく聞いてなかったせいか
写真を見ても、名前と合致せず・・・

投影さつま芋・  継続すべき味、鰯・  旨み、椎茸・ 
海のものと山のもの、フォアグラ・  サスティナビリティー牛
ヘテロ、牡蛎・  分かち合う・  旬、柿・  自家製チーズ
贈り物、アマゾンカカオ

こちらのシェフはカンテサンスにいらしたそうです
とても感じのいいイケメンシェフ
お料理も、重くなくランチタイムにディナコースも
全然、だいじょうぶでした~

最近のフレンチ、イタリアンもですが何故かモダンスパニッシュ似
やはりフェランアドリアの影響力はすごいのですね
しかし、10年近く前ですがパリのアストランスに行った時
お料理は、もっとフレンチだったと思います(現在は知りませんよ)
でもバジルはモダンスパニッシュ大好きですから!!

今回の江戸の一番は、文句なし・・・「鮨さいとう」でした
今度はいつ食べれるかしら~~
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する