老舗の風格 招福楼本店  食事編

最近インスタを始めたせいか
ブログ更新が滞りがち(ノ_<)
投稿が簡単なんです(^_-)-☆
でも・・・ブログ楽しみにしてくださってる方も
いらっしゃるし・・・ありがたいことです
頑張りますっ!!

さぁ「招福楼本店」食事編です

アワビの肝ソース添え
syo29_5_1.jpg
端午の節句にちなんで、菖蒲とヨモギが添えられてました


椀物 鱧 湯葉
syo29_5_2.jpg



何が始まるの・・・
syo29_5_3.jpg
鮎ですよAYU


お造り 伊勢海老 鯛
syo29_5_4.jpg



目の前で焼きあがったばかりの稚アユ
syo29_5_5.jpg



もう一匹は串を刺したまま
syo29_5_6.jpg



見た目も楽しい八寸 粽の巻き方がすごい!! 中身は鯛すし
syo29_5_7.jpg
こちら出身の松川さんも、すごくお上手です


近江牛の花山椒焼き
syo29_5_8.jpg



箸休め  なんじゃったかいね・・・
syo29_5_9.jpg



煮もの  鰻 賀茂ナス
syo29_5_10.jpg



〆は 炊きたてご飯 赤だし 香の物
syo29_5_11.jpg



素晴らしいお庭
syo29_5_12.jpg



柏餅
syo29_5_13.jpg



小夏 スイカ
syo29_5_14.jpg


食後は端午の節句のお飾りを見せていただけると(((o(*゚▽゚*)o)))

こちらの先に飾ってありましたが、撮影
syo29_5_15.jpg
そりゃもう素晴らしい飾りつけでした


茶室
syo29_5_16.jpg

あ~・・っと出るのはため息
今の時代、これだけの敷地に立派なお庭、お部屋
季節を彩る木々や花・・・そして料理
日本中探しても、無いと思います
お店のホームページには、このように書かれてました

日本文化の総合演出を目指し
「禅の精神とお茶の心を基とする料理」をお楽しみいただくために・・・

なるほど・・・本来、茶の湯の精神とは何ぞや
う~ん、正に一期一会じゃねぇ

これだけの演出で、お迎えいただく私たちも
襟を正して伺わねば・・・と、感じたバジルです


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する