なんとルネサンス期の・・・やま岸

時をさかのぼること500年前
室町時代の後期ごろでしょうか・・・
イタリアではルネッサンス全盛期
ダビンチ・ミケランジェロ・ラファエロの大天才たちが
活躍した時代・・・
そんな時代の宝物、素晴らしい器を惜しみなく使い
料理をより一層引き立てる・・・
「冨野小路 やま岸」さん、今京都で最も熱いお店です
当然ながら予約困難



yama29_7_18.jpg



蒸しアワビ ジュレかけ
yama29_7_2.jpg
たしか器はラリックのアンティークだったような・・


賀茂ナス 白みそのソース
yama29_7_1.jpg



先ほどの蒸しアワビの肝を使ったリゾット
yama29_7_3.jpg



お刺身  初めていただいた
茶色マルハタ マグロの天身
yama29_7_4.jpg
両方ともメッチャ美味しすぎ!!


室町時代後期、天才たちが活躍したルネサンス全盛期
さぁ~こちらの器、なんと500年前のものだそうで・・・
yama29_7_50.jpg
すげ~



焼きあがった鮎は、まるで泳いでるみたい
yama29_7_6.jpg



八寸   美山の鮎と 鯛の昆布〆白瓜巻き
yama29_7_7.jpg



シャンパンが美味い!!
yama29_7_20.jpg
          


スイートコーンとホワイトコーンのかき揚げ
yama29_7_8.jpg
言葉が出ん


コーンの芯で取った出汁のスープ
yama29_7_9.jpg




小皿三種
yama29_7_19.jpg



椀物
鱧と広島のジュンサイ
yama29_7_10.jpg



与謝 蕪村の句が書かれてますね
yama29_7_110.jpg
よき人を 宿す小屋や おぼろ月
意味は・・・知らん

与謝 蕪村のお皿上に登場したのは

マグロの手巻き このわた入り
yama29_7_12.jpg


そして、もう一丁!!
出た~~

ウニ一列の手巻き ウニのエクレアとも言いましょうか
yama29_7_13.jpg



焼き物 イサキ 水茄子の浅漬け
yama29_7_16.jpg



ご飯のお供 3種 明太子 ちりめん山椒 エノキの佃煮
yama29_7_15.jpg



炊きあがったばかりのご飯
yama29_7_14.jpg

お薄を一服
自家製のお菓子は・・・これがまたすごい!!

抹茶羊羹 蛍
yama29_7_170.jpg
中に蛍が飛んでるみたいじゃわ~~

こちらのご主人山岸さんは嵯峨御流華範で、華道も教えておられるそうです
お店のホームページには
花をもって、花と語らい、自分自身の心と見つめ直す・・・と
書かれてました
ウニのエクレアがどっか~ん!と出るかと思えば
侘び寂の世界も|д゚)チラッ
もう~たまりませんわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
次回は・・・いつかなぁ
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する